徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

\800 おごって! クラシックプレミアム

 
        写真右下の「 拡大メガネ 」 を直接クリックしてね!
        F11キーで、全画面表示になります
 
 
   クラシックプレミアム
   http://www.shogakukan.co.jp/pr/classicpremium/
 
 
   この新春、小学館から隔週の火曜日に発売される
   クラシックプレミアムは、本屋さんで!
 
 

 
 
 
   この手の配本は、今までもかなりの数になりますが、
   今回のは、チョイ特別です
 
 
   実に素晴らしい マエストロ が登場するし、
   かつてこの東海さんが、新譜として求めたものが
   数多くあります
 
   音質も、私が持ってるものより若干良くなって
   響き(残響)が鮮明です
 
 
   第一巻だけは、\800ですが、以後¥1,200
 
 
   世界あまたの指揮者がこぞって演奏した 運命
   もうこれ以上素晴らしい演奏は聴いたことが無い
 
   クライバー指揮 ウィーン・フィル
 
 
 
   TVの のだめカンタービレ で、さかんに流れて
   記憶あると思うが、 交響曲7番 も全曲を通して
   聴いたら、この曲の壮大さが理解できるよ 
 
   最終楽章、あの超有名なウィーン・フィルのメンバーが、
   座る椅子に背を付けている人なんか誰もいない
 
   それほど、指揮者クライバーの意図をくみ取らんと
   必死の様がうかがえて圧巻ですから
 
   このCDの演奏の何処をぶった切っても、人間の生血が
   溢れ出てくるくらいの気迫です
 
 
 
   指揮者 クライバー は、極端に録音嫌いで、
   世に出ているCD(DVD含む)は僅か十数種類に過ぎない
 
 
   そのいずれも、超がいくつも付く名演 
 
 
 

 
       確か、探せば11種類持ってるはずだが
        クライバー指揮の超名演の数々

 
 
   かつての、フルトベングラー・カラヤン・
   バーンスタインの名演も
 
   クライバー の前では影が薄くなるくらいですから...
 
 
 
   毎月¥2,400(1,200×2)でクラシック音楽の持つ
   素晴らしい世界へ誘導します (^O^)
 
   しかも、全巻を予約すると、
   ニュー・イヤーコンサートのDVDがもらえる
   ※私が購入した時、確か¥4,500だった記憶が
 
 
   私も思わず、全巻の予約をと思いきや、
   半分は持っているので二週間ごとに
   確認しながら求めていきたいと思っています
 
 
 
 
   またまた、熱くなりました! 
 
   ただし、小学館の回し者ではありません (笑)
 
 
   雨の一日故に...m(_ _)m
 
 
 
 
      最後までのお付き合いに感謝!
 
  1. 2014/01/07(火) 17:08:13|
  2. Yahoo!時代の一般・常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィッシュアイ・・・って?

 
      普段、薔薇の撮影って言えば、マクロか望遠
 
      今回は、フィッシュアイ(魚眼)風に挑戦だ!
 
      だいたい、フィッシュアイ(魚眼)・・・とは?
 
      難しい事はさておいて、 
      魚のように水面下から水面上を見ると、水の屈折率の
      関係で水上の景色が円形に見えるので、この様な
      名前が付いています
 
      世には「フィッシュアイレンズ」ってのがあって、
      通常180度の画角(見える範囲)が一般的
 
      しかし、今回はレンズの前に装着すれば 120度の
      画角が可能な
      「フィッシュアイコンバージョンレンズ」を使用しました
 
      中心に地平線を持って行けば、平らな面が撮れますが
      チョットでもずらせば「グニャリ」と曲がる!
 
 

 
 
        超広角レンズとは、チョット違うようです
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
       至近距離で花火など撮ってみたら面白いな・・・  (^_^)/~
 
 
 
        明日から24日(木)まで、伊勢(泊)~静岡(泊)でお仕事です
 
 
 
              虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
              12/05/19 撮影 名古屋中区「らんの館」
              Lens:LUMIX G 14mm/F2.5+DMW-GFC1(GH-2)
  1. 2012/05/19(土) 15:09:03|
  2. Yahoo!時代の一般・常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過去の一枚 ② 対比

 
      朝から雨...
 
 
      三重県桑名から滋賀県八日市を結ぶ国道( R421)には、
      魔の峠(石榑峠)があって利用する人は少ない (超狭い)
 
      その国道の中途に滋賀県の名刹「永源寺 」があります
      此処の紅葉は、もしかすると京都でも拝めない...
 
 
      昨年春、魔の峠にトンネルが出来て、一気に名古屋から
      近くなったんです
 
      トンネルの開通後、永源寺の新緑を撮り、その年の紅葉も
      見ることが出来ました
      遅い秋に苛立ちを覚えましたが、とても素晴らしい
      永源寺の紅葉でした!
 
 
      対比の面白さを...!    山門を背景に !
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
         明日から三日間、浜松でお仕事です !
 
 
 
           紅葉の方は、念入りにRAWで撮って現像したもので、モミジの
           一枚一枚が表現されているんですが、ここでは残念ながら
           雰囲気のみでお許し下さい
 
           新緑 11/06/03 Lens:LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 (GH-2)
           紅葉 11/11/24  Lens:LUMIX G 14mm/F2.5 (E-P3)
  1. 2012/05/15(火) 04:51:54|
  2. Yahoo!時代の一般・常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いずれがあやめかかきつばた

 
 
        か らころも 
           つつなれにし 
              ましあれば 
                 るばるきぬる 
                    びをしぞおもふ

 
      在原業平 (平安の歌人) が「かきつばた」の咲く
      無量寿寺(愛知県知立市)を訪れ詠んだ歌
                      ※伊勢物語から  
 
 
 
      8&9年と根腐れで見るも無惨な姿でしたが、係の方達の
      努力で見事に咲き誇っていました
 
      ただ、二番花が満開で最初に咲いて萎んだ花が目立ち
      お世辞にも綺麗とは言えなかった
 
      やっぱ、花は咲き始めでないと・・・・・
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
            虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
 
             12/05/14 撮影  愛知県知立市 「無量寿寺」 
            Lens:NOKTON 17.5mm F0.95 (E-M5)
                LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 (GH-2)
  1. 2012/05/14(月) 00:07:13|
  2. Yahoo!時代の一般・常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月5日

 
       名古屋近辺では、「天王川公園(津島市)」の
       藤棚が有名です
       今日、行く予定にしていたが、昨夕TVで放映された
       もう、行く気無し...
 
       駐車場がただでさえ少ないのに、TVの放映があると
       一気に観客が増えるから
 
 
       で、変更して岐阜県羽島市の
       「竹鼻の藤」(東本願寺竹鼻別院)へ行くことに
 
 
       盛りを2~3日過ぎており、ピントを合わせるのが気の毒
       だから、雰囲気だけ
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
       写真を撮っている老夫婦と話が弾み、近くの「本覚寺」と
       言うお寺の「天井絵」を見ることを勧められた
 
       「本覚寺」は、岐阜竹鼻城主の菩提寺であり、幕末の
       勤皇家・大和絵師「浮田一恵」作の八方睨みの雲龍が
       天井に描かれていました
 
 
 

                                 写真・掲載許可済
 
 
      葛飾北斎の「八方睨み鳳凰図」や建仁寺(京都)の
      「双龍図」は特に有名だが、京都へ行けば幾つか見られる
      10円玉の鳳凰(宇治平等院)の処でも、確か見たな
 
      竜は、九つの動物からなっている架空の動物ですが、
      顔の頭の部分が「***」からとは知らなかった! (^_^;)
      「***」・・・とは?
 
 
 
          5月5日 こどもの日  幸あれ!
 
 

  
                                娘のスマホから
 
 
 
               虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面

               12/05/05 撮影 岐阜羽島「竹鼻別院」&「本覚寺」
               Lens:NOKTON 17.5mm F0.95 (E-M5)
  1. 2012/05/05(土) 04:11:42|
  2. Yahoo!時代の一般・常識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

Yahoo!Blogから、2018年春引っ越してきました。
もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

花火 (78)
時事 (42)
神社 仏閣 庭園 町並 (32)
季節の花 (19)
紅葉 (11)
独断と偏見 (10)
ちょい お出かけ (3)
映画・TV (3)
四季折々 (6)
音楽 (2)
催事 (1)
食べログ (3)
未分類 (5)
Yahoo!時代の写真 (1270)
Yahoo!時代の孫 (6)
Yahoo!時代の一般・常識 (24)
Yahoo!時代の写真関係 (69)
Yahoo!時代の経済・世論 (8)

年別アーカイブ

最新コメント

友達の素敵なBlog