徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

古都脱線!


  18日(木)に参拝した 一休さんのお寺さんは 結構僻地だから

  あとの予定は 何も決めていませんでした


  スマホを眺めて の 3時間の予定を急遽決定

  御香宮神社は 何れどこかで!


  まず 寺田屋

                          ①から 順に回りました! 

伏見桃山r

        

  寺田屋 って聞いて あっ!はぁ~~~ん と来た方は  

            (*^_^*)


  スマホのマップに 現在位置情報を 出しながら

  細い路地を くねくねと   ...文明は有り難い  (*^_^*)


  清酒月桂冠 や ンパッパ!の黄桜 の工場に

  誘い込まれるのを 必死にこらえ やっとこさで 寺田屋へ



PA181950.jpg


PA181936.jpg


  坂本龍馬が 襲われた お宿って言えばお分かりだよね



PA181947.jpg

        階段の下を すぐ右に曲がったところがお風呂場

        階段を上りきった左手が 龍馬のお部屋(写真は右)



  奥さんの お龍さんが 風呂に浸かってた 深夜

  外の異変に気付き 裸で 階段を駆け上がって

  龍馬に知らせた! 



刀傷q


刀傷w


  不意打ちを食らった龍馬

  柱には刀傷  鉄砲で応戦した龍馬の弾痕  ...



  なかなか 物々しい表現ですが この寺田屋は この後

  鳥羽・伏見の戦いで消失しました


  京都観光オフィシャルサイトでも

  寺田屋は鳥羽伏見の戦(1868年)に罹災し焼失

  現在の建物は その後再建されたものである ... と

  だとするなら 刀傷とか 弾痕 って 本物?

  しかも 現寺田屋の 30cm以上あろう 大黒柱

  天保年間(江戸時代の1830年から1844年)

  島津家より寄贈されたもの とある ???  



  その後 薩長軍と幕府軍の激戦地や 先の寺田屋で負傷した坂本龍馬が

  隠れた小屋など一通り見て回り 本日京へ来た締めくくりを! (*^_^*)



  時間は ちょうど一時間ある! \(^O^)/
  の一番奥の方で ンッパッパの黄桜酒造の新米新酒を頂く 

       \(^O^)/


  限定品 国産新米100%本醸造酒しぼりたて ・・・と ある
  ウ~~ン! 香りも含み味も 控えめなれど 舌で転がして

  ぐいと喉へ流し込むと お酒本来の旨さが口の中で広がり踊る!


  幸せだなぁ~~~! と   \(^O^)/



DSC_1050w.jpg


      まだ 帰りの車中でも 続きました! \(^O^)/


          では 素敵な日曜を! see you!

              京都市 伏見桃山で 📷18.10.18

 

  1. 2018/10/20(土) 18:15:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

そうだ 京都へ行こ


  この秋のJRの そうだ!京都へ行こう
  なんと 一休寺


  正確には 妙勝寺 酬恩庵( 通称 一休寺 臨済宗大徳寺派) 

  グーグルマップ へ貼り付けで検索 → 34.821027, 135.757547



  でもねぇ~~~! ホンマ僻地なんよ!
  京都駅から20数分 近鉄に揺られ 新田辺駅へ


  さらに 一休寺 までのバスは 一時間に一本  (>_<)

  その間に 駅前の喫茶店でモーニング
  モーニングサービスと言えば
  我が 名古屋や尾張地方も半端ないが ここでも  (*゚ロ゚)


DSC_1046w.jpg

                           写真&ブログ掲載許可済


  さて 一休寺 とは
  とんちで おなじみの 一休さん(一休宗純禅師)

  1456年に再興し 酬恩庵と名付け 晩年88歳(1481年)

  亡くなるまで 静かに過ごされた お寺さん



  総門をくぐると 参道!


                    拡大可+F11keyで全画面(F11keyで戻る)

PA181874.jpg


PA181880_20181019113628c7e.jpg



  拝観料を 供して 一歩入ると (゚o゚;


PA181907.jpg


   お借り画像


04.jpg




PA181883.jpg

              庫裏


 中程から 庫裏(僧侶の居住) へ入り 方丈(接客や仏事を行う)へと ...


   時の将軍さんが 一休さんに

  このトラを縛って見よ! って 言ったんでしょうか (笑)


PA181886.jpg



   方丈庭園

  心地よい秋風を頬に まったりとされては 如何でしょう!


PA181893.jpg


  方丈中央には 一休さんの木像 が 安置され
  自身の頭髪と髭を植えたとされております!



PA181904.jpg

                    本堂 

    本堂は 1430年代に 室町幕府六代目将軍 足利義教公 が建立されました!


 

PA181905.jpg



  一休禅師 の晩年の住みか と言うだけでなく

  喧騒な都会から離れ 静かな美しき 一休寺 だから

  今の世に求められるのではないかと思います 



PA181906.jpg


    どうぞ 安らかにお眠り続けて下さい  一休禅師殿

    秋色に染まる頃 騒々しくなるでしょうが  ...


        一足早く 紹介させて頂きました

     Have a nice weekend! see you!

               一休寺 📷18.10.18


  1. 2018/10/19(金) 11:20:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

凜とした萩


  普段 萩を指して 凜としてる ・・・ と 言うかな?
  もしかしたら 最初に言ったのかも知れない (笑)

  うっそうと茂って 垂れて 花なのか蕾み なのか だもんね

  そんな萩ですが どうでしょう?


                     拡大可+F11keyで全画面(F11keyで戻る)

P9131851.jpg



  背景の竹垣は 光悦垣 と呼ばれています
  私は この竹垣をバックに 映える萩を見て
  あぁ~~~! 京都へ来てよかったと
 ... (^_^)/~


  その場所とは 大虚山 光悦寺  日蓮宗
  1615年 文化人 本阿弥光悦 が 家康よりこの地を与えられ

  一族と住み芸術郷を築いたそうな!



P9131837.jpg

           参道の入り口から 山門を望む



  光悦が亡くなって 日蓮宗のお寺さんになったそうだが

  大庭園には 大虚庵を始め 七つの茶室があり

  竹を斜めに組んだ垣根(光悦垣)が見事ですね


P9131847.jpg



  この 光悦寺は 京都でも有名な紅葉の名所
  最後に 山門を過ぎた 参道を 色鮮やかになった

  もみじを想像してチョ!  (^_^)/~


  じぇ~~~んぶ もみじよ!


P9131840.jpg


      Have a nice day. see you!

          光悦寺(地図上金閣寺の上) 📷 18.09.13 


  1. 2018/09/15(土) 12:00:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

京都 歴史の一端


  鷹峰山 源光庵 曹洞宗 本堂 1694年の建立


  本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので 1600年に

  鳥居元忠(徳川家家臣)らが石田三成に破れ自刃したときの跡が

  血天井として伏見城の のちを伝え祀ってあります!  



P9131834.jpg


P9131831.jpg

           源光庵   入り口(↑)と 本殿(↓)



  本尊 釈迦如来 の右脇には 丸窓と角窓 があり
  丸い窓は 悟りの窓 と呼ばれ
  悟りの境地を開くことができ 丸い形は大宇宙を表現している


  一方 四角い方は 迷いの窓 と言われ
  人間の一生 つまり 生老病死の人間のあらゆる苦しみを

  四つの角で象徴している        ※wikipediaより



P9131825.jpg



 源光庵は京都の紅葉名刹(風情)として評判高いが 血天井を

 見るまでも無く 京都ってとこは 応仁の乱(1467年から11年間)

 町は焼き尽くされ 住民や文化に甚大な影響を及ぼしました


 が それを立て直したのも 影響のあった京都の町民達

 やがて町衆は 京都に自治の制度を作り 力を持ち 武家と対立し

 天文法華の乱 に繋がるんですね



P9131823.jpg

               源光庵 迷いの窓



 追い打ちをかけるように 信長が京都に入って 更に窮地に

 天下盗りが盛んになり 秀吉没直後 西軍(石田三成率いる)の攻めに

 伏見城(徳川軍)は 落城し 関ヶ原の合戦にと発展します

  

 私の思う 京都の歴史の一端でございました  m(_ _)m



P9131810.jpg

             源光庵 悟りの窓


 しかし 何はともあれ 人間同士の醜い争いであった事には変わりませんが

 時の人々だけで無く 人間として生きてる限り 迷いあり 苦悩ありの人生で

 頼るものは やはり自分以外無いという悟りに心静まる 碧空爺でございます! 

               m(_ _)m

     

        Have a nice weekend! see you!

             📷 18.09.13 源光庵(地図上金閣寺の上)


  1. 2018/09/14(金) 12:27:01|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

熱田神宮の謎


つい最近知ったんだけど 日本中のプログの8割は

スマホ で 読まれてるんだってね (アメーバ)


私なんか PCでしか見てないから
スマホ対策ってのも必要なんだね キット!

例えば カメラでは 横縦 3:2 の 画面で撮ってるけど

PCやスマホは 16:9 の 画面(アスペクト比)だからね



P6171427.jpg

      アスペクト比 3:2   深緑が覆う 熱田神宮の もう一つの参道



さて 痛む右腰をかばう余り 左膝にも違和感が m(_ _)m
まぁ~ あそこが痛い ここが痒いって

熱田神宮へ お参りしたけど ダメか! (-_-;)



熱田神宮の正門(南門)から 最初の鳥居を潜って すぐ右へ 

ちょうど参道のすぐ東側に 清雪門(せいせつもん)が あります
                ※ 又の名を 不開門(あかずのもん)とも



P6171428.jpg

          アスペクト比 16:9       清雪門 (不開門)



天智天皇の時代(第38代天皇 668年頃)
熱田神宮に来た 朝鮮のくそ坊主 神剣 草薙の剣 を盗み出した!


その時に侵入したのが 清雪門 からで 無事 剣が熱田神宮に

戻ってからは 不吉の門とされ 以降 閉められたままです



誰も通らないような 深緑が覆い茂る

もう一つの参道を歩まない限り 気付く人はいない


しかし 何にしても 朝鮮とか支那って言う国には

大昔から 苦労ばかりさせられます  (>_<)



P6171435.jpg

       アスペクト比 16:9  熱田神宮  拝殿 前より


    1,900年以上の歴史を持ち

    数々の歴史を塗り替えてきた 熱田神宮

    最近は パワースポットとして 訪れる方も多い! 



        では 心安らかに see you!

                 📷 18.06.17


  1. 2018/06/18(月) 13:47:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (65)
時事 (24)
独断と偏見 (7)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (1)
神社・仏閣・日本庭園 (24)
映画・TV (2)
四季折々 (5)
音楽 (1)
未分類 (1)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる