徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

飛騨の名刹とパワースポット

 
       飛騨の名刹とパワースポット
 
 
       禅昌寺 ( 35.845922,137.229087 )
 
        平安時代の創設と言われる臨済宗妙心寺派
       天下十刹に数えられており、
       飛騨一美しいと言われている
 
 

 
 
       樹齢1200年を数える国指定天然記念物の大杉には
       圧倒されるし、雪舟の傑作「八方にらみ達磨」が見られる
       (1420~1506 室町時代に活動した水墨画家・僧 )
 
 
 
 
       飛騨 千光寺 ( 36.190044,137.28882 )
 
       約1200年前に真如親王(弘法大師の十大弟子の一人)が
       建てられた古刹
 
 

 
 
       海抜900メートルの袈裟山に広がる寺の境内からは、
       雲海も見られるという
       狩野探雪の描いた龍の天井絵も拝観できます
 
 
 
 
       飛騨のパワースポットと言えば、
 
       飛騨一宮水無神社 ( 36.085577,137.25158 )
       清和天皇(平安時代前期)の頃、建立とか
 
 

 
 
       飛騨国の一宮として古くより飛騨人の心の拠り所です
       飛騨生きびな祭りや例祭、また初詣など、多くの参拝者で
       賑わっています
 
       木彫狼・・・せっかくの秀作が太い格子越しでは殆ど
       見えませんが、精悍な顔立ちで気品溢れた狼は必見です
       (江戸中期のもの)
 
 
 
       飛騨国・・・取り分け「飛騨高山」は江戸時代天領で有り、
       名君金森氏によって守られてきた
 
       飛騨の巧・・・の名作等、飛騨にはまだまだ奥深い物が
       山のようにあります
 
       一度出かけられては...!
 
 
                  虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
  1. 2012/08/30(木) 16:24:50|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩夏の奥飛騨

 
 
      何十万本とは いかないが、奥飛騨(岐阜県)の朝!
 
 

 
 
 
      豪雪地帯であった奥飛騨
      住む人の知恵は、時として想像を超えるものがある
 
 
            合掌造り・・・
 
 

 
 
      小学校3年の秋までは、かつての我が家もそうであった
      重い玄関の戸を開けると、牛さんが出迎えてくれた
 
      牛さんはね、お百姓さんにとって最大の力になってくれ、
      家族みたいなもん!
      でも、牛のいる家ってのは限られていましたね!
 
 

 
 
 
       お友達が、
 
       常に新米を食べられる環境にあることは幸せなことです
 
       と、述べておられる!
 
 
       目から鱗が落ちる.....!
       当たり前が当たり前と思ってしまっている今の世を、
       もう一度考えよう!
 
 
       蛇口を開ければ水は出る!
       人の気配を感じて、灯りが点る!
 
       2週間洗濯機無しの生活をして、つくづくありがたいと思う!
 
 
 
 
 
       暑い暑い・・・
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      だが、コスモス(秋桜)と共に、確実に秋は忍び寄ってる!
 
 
 
                  虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面

 
  1. 2012/08/29(水) 16:35:36|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「おわら風の盆」前夜祭

 
 
      物事にはハプニングが付き物
      で、そのハプニングをより少なくしようと試みるわけだが...
 
      なにせ、50年以上前に見たきりで、予備知識は何もない
      「おわら風の盆」!
 
 

 
 
      駐車場で係りの方に様子を尋ねると、
      「平日の月曜日、そんなに人は集まらないよ」って
      今日の担当部落は、どちらかと言えば場末でそんなに
      人気がないと言いたげ・・・
 
      確かに、15時には数台の車しか止まっていない
      ※流し踊りは、20:00から
 
 
      でも、花火で場所取りには慣れてるから、
      早めに現場へ行ってみる
 
      なるほど・・・写真で見るとは大違いの町並みだし、
      「風の盆」と言う雰囲気でもないなぁ~、
      ぼんぼりはあるけど・・・!
 
      念には念をと情報が欲しいので、「江戸屋」と言う
      蕎麦屋に入る
      店に入ると私の第一声が、
      「ちょっとTVの音小さくしてもらえません」
 
      喧しいったらありゃ~せん
      おばあさんが二人・・・共に80~90歳くらい
      特に一人が耳が遠いようだ!
 
      しまったぁ~、えらいとこへ入ったなぁ~~
      しかし、周りには喫茶店すらない
      そう言えば、入り口に「冷房中」って張り紙が・・・(笑)
      本当に、江戸へタイムスリップだ
 
 
      時間はたっぷりあるし、混まないって駐車場のオヤジが
      言ってたし「まぁ~、時間でもつぶそう」と食べたくもない
      蕎麦を注文・・・
 
 
      そんなこんなで18時を回り、あと2時間と思いきや雨・・・
      通り雨のようだが、18:30頃は音立てて降ってた!
      決行って、人伝えに聞き踊る場所もなんとなく感じがつかめた
 
      町流し→→輪踊り→→神社への奉納踊り→→輪踊り
 
      後30分って言う頃から、急に人垣が・・・
      踊り子に付いて回れるよ・・・駐車場のオヤジが言ってたのと
      大違い
 
 
 
 
      そして・・・・・胡弓と三味線に歌い手だけ・・・で
 
 

 
 
 
 
 
 
        越中で立山 加賀では白山
         駿河の富士山 三国一だよ
          唄われよ わしゃ囃す
           おわら踊りの 笠きてござれ
            忍ぶ夜道は オワラ 月明かり
             キタサノサ ドッコイサノサ
 
 
 
               輪踊りは、こんな按配
 
 

 
 
      そして、ここからが正念場
      二兎を追うもの一兎も得ず・・・ではないが、
      町流し・輪踊りは放棄して神社境内の最前列に陣取る
 
      2時間しかない踊り・・・そのうちの3/4を放棄する勇気
 
 

 
 

 
 

 
 
 
       たった20分の撮影だったかもしれないが、
       私の心の中にもしっかりと「風の盆」が残る
 
       単純な踊りで、もしかしたら私も踊れるかも
 
       しかし、一糸乱れない美しさはただ単に伝統と
       言うだけでなく、未婚で25歳くらいまでの男女が
       一生懸命受け継いで行く様が見て取れる
 
 
       人間の最も美しい部分を表した
       祭り(踊り)ではないかなぁ~って思う!
 
 

 
 
 
       そして、新たな欲が・・・、
       美しい街並みと石畳の「諏訪町通り」
       こんな素敵な場所での、本番の「おわら風の盆」を
       見てみたい気になる・・・・・
 
 

 
 
 
 
 
                       岐阜県高山市にて更新
 
    ※一番下は、除く
    Lens:Nokton17.5mmF0.95  (GH-2) K4300 ISO  800 SS 1/125~1/200
        Pana LEICA25mmF1.4 (E-M5) K4200 ISO 3200 SS 1/50~1/125
 
 
                         拡大後、F11キーで全画面
 
  1. 2012/08/28(火) 07:02:39|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動のあとは、静

 
 
         ここは、富山県八尾・・・
         かつて、富山藩の6割の財政を担ったとか
 
 
         たぶん、日本一の「静かな祭り」・・・だろう!
 
 

 
 
 
          おわら風の盆 (前夜祭)
 
 
          静かな佇まいの町並み
 
          ぼんぼりに灯が入って
 
          胡弓と共に浮かび上がる男と女
 
          この世にある全てのものから、
 
          これ以上のロマンチックな姿は無いのでは・・・・・
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
         
 
 
 
 
                      拡大後、F11キーで全画面
 
  1. 2012/08/27(月) 15:48:00|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末は名古屋が熱いぜ! ②

 
 
      名古屋の気温 34.4℃・・・まぁ~普通! ( ^_^; )
      だが、今日も、名古屋は燃えてるぜ!
 
      近くの商店街通りと場所を変えて.....
      踊り狂う若人(偶に昔若人って方も)
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
       玉のような汗、衣装には塩も...!
 
       4時間近く見物したが、熱中症等でタンカで運ばれる
       踊り子を8人程見た
 
       しかしね、踊り終わって挨拶をしてくれるんだが、
       殆ど皆 疲れと踊り終えた感動とで涙顔だよ!
 
 
       その感動を少しでも感じて貰えたら...
 
 
       踊る阿呆に見る阿呆!
       TVの水戸黄門でも泣ける涙腺の弱い東海さんだが、
       「ありがとうございましたぁ~」って挨拶してくれる度に
       感動の涙でした!
 
 
       明日から2泊3日で、岐阜の山奥へ
       避暑としゃれこみます
       「風の盆」前夜祭と白川郷&高山でもゆっくりしてきます!
 
 
              虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
 
  1. 2012/08/26(日) 05:42:17|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末は名古屋が熱いぜ!

 
 
         にっぽん ど真ん中祭り(どまつり)が開催
            http://www.domatsuri.com/
 
 

 
 
         200チーム 23,000人が名古屋を中心に
          20ヶ所の会場を移動しつつ踊り狂う
          3日間で約 200万人の観客が押し寄せ、
          只でさえ熱い名古屋が燃え上がる!
 
 

 
 
        どまつり のルール
        踊りの曲の中に地元の民謡の一節を取り入れること
        必ず手に鳴子を持って踊ること
 
 

 
 
 
 
       超大型台風が発生
       色んな現象で台風のハリケーン化、
       沖縄・九州の方ご注意下さいね!
 
 
       日中のヒートUPした踊りと暑さで火照る体を
       涼しい堤防で...
       色艶やかな花火を楽しむ!
 
 
 

                       長島リゾート花火 08/25
 
 
              虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
 
  1. 2012/08/25(土) 05:34:10|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孫は、来て嬉し・・・帰って良し

 

      北陸から帰ると、なんか賑わしい...
      なんでぃ?、孫が集結してる・・・
 
      孫ってのは、来て嬉し・・・帰って良し! ( ^_^; )
 
      こりゃぁ~、疲れた・・・なんて言ってられない
 
 
 
      私のトレーニング用踏み台が、舞台に...(>_<)
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
       
 
       お粗末様でしたぁ~~~で、幕は閉まります (笑)
 
 

 
 
 
      食事なんて、待てないから並んだ物から手を付ける
 
 


 
      一番上の「かえたん」が、お泊まり保育で面白かった
      「スイカ割り」をしたいと言いだして...
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           見事・・・真っ二つ!
 
 

 
 
       小さいスイカだったが、今年一番の旨さ(甘さ)!(^_^)/~
       ひー君は、スイカが苦手で隅っこで、のの字 !
 
 

 
 
        
 
       風呂に入れて、寝るぞ・・・って言っても、全く無視
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       そう言えばね、「ひー君」が輪の中に入るって
       幼稚園に行く前は考えられなかった
 
       隅で、じ~~~っと見てるか、あとで一人で遊んでいたが
       これも、幼稚園効果だな・・・きっと!
 
 
 
                 虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
  1. 2012/08/23(木) 15:49:32|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこまで逝っちゃったかなぁ~

 
 
 

 
 
 
         本当に本当に最後の別れ、
         お釜の中へ入れられちゃう寸前
         思わずね、「 さようなら~ 」って声が出ちゃった!
 
 
         「 ありがとうね 」って言うべきだったかなぁ~!
 
 
 

 
 
 
         今出来る私の努めみたいなもんを終えて、
         なんか知らないがスッキリとした感じがします
 
         もう友の苦しむ姿を見なくとも良いし、
         「 ありがとう!」の一念でお見送り出来たから
 
 
         「 待ってろよ!・・・直ぐに逝くからな 」
 
 
 

 
 
 
           さぁ~、私の夏休みも終わったよ
           明日からのお仕事は、福井で連泊
 
           また、暫くご無礼します...m(_ _)m
 
 
 
              虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
 
 
 
 
      連日、暗い話題ですみませんでした m(_ _)m
      一番の友を送るってことは、確かに辛かったね
      しかし、生きると言う力も貰ったし、思い出も出来たし...
 
      本当にありがとうって言える時って、そんなに無いのかも知れないよ!
      ・・・そんな事思った3日間でした
 
  1. 2012/08/20(月) 01:16:55|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お通夜

 
 
      小さくなってね、最後はどうも苦しかったようだ!...
      鹿児島生まれで、親戚も少なく子供もいなかったし
      淋しい通夜だったな...
 
      奥様は、ぽっちゃり系で幸せ太りの見本のような方だったが、
      見違えるほどに痩せて細くなってた
      苦労が滲み出ていて、目と目を合わせるのが辛かったよ!
 
 
      明日は、親戚も少ないこともあって、
      最後の骨も拾ってやろうと決まった!
 
      遠くの親戚よりも近くの友人
      私も両親を始め色々見送ってきたが、
ヤッパ一番辛いなぁ~
 
      でもね、お経を上げて下さった坊さんが、
      お見送りすることは決して悲しいことではありませんよ!
      新しい出会いに出発するのですから・・・って
                    (西本願寺系住職)
 
 
      だから、明日はしっかりと上を向いて見送り、
      最後まで付き合わせて貰うつもり....です
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                           虫眼鏡をクリック(拡大) ⇒ F11 で全画面
 
  1. 2012/08/19(日) 05:17:07|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終焉

 
 
      そこそこの歳を重ねてくると、
      仲間との別離は年々多くなってくる
 
 
      とうとうと言うか、癌告知で余命2年・・・って、
      言われていた私の最も尊敬する、そして私のことを
      最も心配してくれた兄貴と慕う友人が逝ってしまった
 
      年賀状や暑中見舞いのお礼を必ず電話してくれたが、
      この夏は声が聞かれなかったから心配していたんだ
 
 
           享年72
 
 
 
 


 
      癌告知された年の08年12月に激励の意味を込めて、
      彼を一泊旅行に誘った
 
      相変わらず辛口の叱咤が飛び交う
      でも、そんな彼が大好きだった!
 
 




 
 
 
 
 
      気丈にも宴会場で得意の喉も披露してくれた
 
      「細雪」「山茶花の宿」は、おはこだし、さだまさしさんの
      「精霊流し」を得意にしていたってのも因果なものだ!
 
 
 

 
 
 
        余命2年と告知されながら、
        更に2年近くも頑張った彼に、金メダル
        付き添って看病してくれた奥様にも、金メダル
 
 
           平成24年8月19日通夜式
                    20日告別式
 
 
 
      ごめん、通夜や告別式には思い切り泣くかも知れない
 
      ありがとう!・・・私の娘二人を、いつも可愛がってくれたね!
 
      やすらかに!・・・私が逝った時は、
 
                 一番早く会いに来るからさ!
 
 
 
 
                           合掌
 
 
 

 
 
 
  1. 2012/08/17(金) 07:09:39|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

Yahoo!Blogから、2018年春引っ越してきました。
もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

花火 (78)
時事 (42)
神社 仏閣 庭園 町並 (32)
季節の花 (19)
紅葉 (11)
独断と偏見 (10)
ちょい お出かけ (3)
映画・TV (3)
四季折々 (6)
音楽 (2)
催事 (1)
食べログ (3)
未分類 (5)
Yahoo!時代の写真 (1270)
Yahoo!時代の孫 (6)
Yahoo!時代の一般・常識 (24)
Yahoo!時代の写真関係 (69)
Yahoo!時代の経済・世論 (8)

年別アーカイブ

最新コメント

友達の素敵なBlog