徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

嵯峨野へ 祇王寺



       いよいよ師走に突入!


       11月28日(火)の記憶

  浄住寺 地蔵院素晴らしい紅葉を堪能して
  もの凄い人混みの嵐山を通り抜け


     祇王寺(真言宗大覚寺派)嵯峨野 へ


   紅葉の美しい 嵯峨野の最奥
         さすがに ここまでは 隣国人も来ない!

                (^O^)


   平清盛に愛された踊り子の 祇王
   清盛の心変わりに都を追われ 母・妹と
   出家して忍んだ尼寺



     拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面

      新緑に染まる 祇王寺 📷 2016.05.13



      葉は散り なんとも言えない 風情!
               丁度良い お日様の 射し加減



   まだ 十分に 美しさを保っておりました








 
   紫陽花 花火 紅葉 を謳い文句にして来た
       東海爺の 2017年 紅葉の連続でした

     食傷気味 は重々承知  m(_ _)m



    陽が沈むのを30分ほど待って!






       最後までの お付き合い
       誠に感謝 申しあげ候!


          📷 17.11.28

     Lens    :LEICA DG SUMMILUX 24mm (換算)
                 Camera:LUMIX DMC-GX7(Panasonic)
         Panasonic 4/3型Live MOSセンサー


  1. 2017/11/30(木) 07:05:00|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一休さんの生誕地 地蔵院



  トンチ話の 一休さん って 覚えてるよね 

          (^O^)

  一休さん父親は
  後小松天皇(第100代天皇 1377~1433)
  だった って 知ってた?   (゜o゜;;


  天皇の寵愛を受けた母親が
  天皇の命を狙ってるとか噂を流され
  宮中を出て 山里で一休さんを産んだ んだって


  で 一休さんが 産まれた山里 と 言うのが

  衣笠山  地蔵院 (通称 竹の寺) 京都洛西




          地蔵院 山門



    入山料を払う時に

    いっぷく 頂けませんか? と尋ねると

    昨年の夏から お出ししておりません

              と 返ってきた!


         経緯を是非



     拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面

      


   やっぱぁ~  そうかぁ~~~!

   これも 世の習い か!  ...




           地蔵院 本堂


   本堂でお参りする人は まばら 

     カメラに熱中する 爺婆と
     うわぁ~~~ キレイ!綺麗 って
     騒ぎ立てるだけの ご婦人連中


     本堂で お参りでもしたら! って
     言いたいのを我慢して 庭園へ 📷×










   静かで 竹林と紅葉の
   バランスが 絶妙の 地蔵院


   初夏とは 全く違う姿に 感動しましたが

   前に 尋ねた時 和尚さんが 寂しく語って
   おられた姿を思い出して 悲しい思いも



    此の後 人混みの嵐山を通り抜け 嵯峨野へ


     では この辺で see you!

         📷 17.11.28

  1. 2017/11/29(水) 14:53:43|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時節柄 浄住寺の紅葉



  やっとで 暴力横綱が 引退 の方向へ!
  しょうがないと言うより 当然だわな


  だいたい 異国人を 神事に纏わる儀式に
  銜えること自体間違ってたんだって

  協会から理事剥奪されるやも知れない
  元横綱 貴乃花 の思惑通りだと思う! 



  もう一人の横綱が 優勝インタビュー
  すべて 膿(うみ)を 出し切って  ...

  って 言ってのけたけど

  (うみ)って 自分達のことだって
  分かっていないから 滑稽だ!

  万歳三唱した 優勝インタビューなんて前代未聞


   横綱ってのは

   (はや)き事 風の如く
   (しず)かなる事 林の如く
   侵掠(しんりゃく)する事 火の如く
   動かざる事 山の如し
   知り難き事 陰の如く
   動く事 雷霆(らいてい=雷)の如し

      で ないといけないの!


   両国の 国技

   名前を代えて貰えんかね!
   相撲=国技 って 日本人でさえ間違うんで

           (笑)



     拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面







            亀甲竹





     葉室山 浄住寺 黄檗宗 京都洛西

          📷 17.11.28


     ほな いい日で ありますように!

          see you!


  1. 2017/11/28(火) 18:26:49|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らぬが仏 八事興正寺



  頬を撫でる風は やや冷たいものの
  まさに 小春日和

  じっとしておれず
  名古屋の もう一つの紅葉名所へ



  八事山 興正寺  高野山真言宗 別格本山

  弘法太師が開基 のちに尾張徳川家の祈願所
  1686年だから 五代将軍犬公方さんの頃



  重要文化財の五重塔があって
  広い境内と大勢の檀家さんに恵まれ

  月に三回ある縁日で賑わう
  暇な爺さん婆さんの 養殖場ですけど







 

   いま 本家の高野山と 揉めに揉めてる
   前住職が 無断で広大な土地を売却して
   使ってまった! 

   138億円よ! (゜o゜;;

   使い出があったろうねぇ~~~! (笑)



   でも そんなこと みじんも感じさせず

   高台から眺める お寺さんの姿は 快い



    拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面

                     右下 本堂


    でも 知らぬが 仏
    それでいいんでないの 一般人は!


    天気がいいので
    隣国人が いないと思う 洛西(京都)


  
     では 心静かな よい一日を! see you!


            📷 17.11.27


  1. 2017/11/27(月) 07:05:00|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋の紅葉名所 白鳥庭園&青大悲寺



   11月26日(日) 薄曇り 風無し

   絶好の自転車日和  (^O^)


   私共 名古屋市内の 身近な紅葉の名所
   白鳥庭園 へと 賢明にペダルを漕ぐ!

   おやおや 駐車待ちの車が数台
   なんか すごい人混み


   よぉ~! 分からんけど 本日無料観覧だそうな!
   何事も ドケチな名古屋人
   無料と聞けば 何処へでも (笑)



    拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面







   いっときは 蜘蛛の巣が張り巡って
   惨めな 紅葉の時もありました!

   街の中ゆえに 消毒散布も出来ない
   一つ一つ手作業で 取り除かれた!

   もう 数年前のことでしょうか?










   平成元年の夏 おこなわれた
   世界デザイン博覧会 の跡地で 
   今はこうして 市民の憩いの場として









  名古屋ってとこは 滅多に雪は降りませんが
  金沢 兼六公園を真似ての 雪吊り!

  風情だけ 感じて下さいな!








  そして もう一箇所

  2002年 もう京都とは言わせない! って
  東海爺が啖呵を切った 青大悲寺






  26日は 大法要があって 中には入れませんが
  久し振りに見る 鮮やかさは
  誠に Good! でございました



    では 今週もよしなに! m(_ _)m

         see you!


     白鳥庭園青大悲寺 名古屋市熱田区
           📷 17.11.26


  1. 2017/11/26(日) 07:05:00|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青・緑をより碧いものに!



  C-PLフィルター

  C-PLフィルター って 写真愛好家の方なら
  何方もご存知なはず


  理解がイマイチの方は こちら
  更に 構造等 もう少し突っ込んだ話なら こちら


  で にも書いてある通り
  C-PLフィルター にも 寿命があります


                     私は
  2年目の58mm(ケンコーZeta) と 
  6年目の72mm(ケンコーPRO1D) の
  C-PLフィルターを 使っています


  72mmは なんとなく 画像に切れが無い
  感じがしてきたので 新しいものにしました!

  今回は 評判がいい マルミ EXUS C-PL 72mm 
  諭吉公と野口英世が一枚 と 結構いい値段 (-_-;)


  取りあえず 晴天の25日(土) お昼少し前に
  散歩コースの 公園で  (^O^)



   効果 100%で使用し
   Rawから現像時で 彩度-1に調整のみ
 
   フォトスタイル ナチョナル(数値変更無し)
   ※ナチョナルは 一般的なスタンダードより薄め色

   Camera  LUMIX DMC-GX7MK2K(Panasonic)
   Lens       LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4(換算24mm)
   
 
     拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面


  東海爺の天辺と一緒で かなり薄くなりました!
  でも これでは フィルターの精度は分かりにくい!



  効果の最も出る お日様を右肩方向に!







  思ったより抜けはいいけど
  こってり感が強いです!

  LEICA Lensそのものの写りが こってり感が強いうえ
  更に 増長気味
  

   お日様を右肩方向で 思い切り 真上へ








  この マルミ EXUS C-PL 72mm フィルターを使う時は
  出来上がり画像をあんまり なぶりたくないので
  晴天時は 彩度-2私には丁度良いかも 



  ↓ 彩度-2  に 調整





    黄色(橙系)の樹木も
    彩度-2で ほぼ 原色に近い感じになります!



     ただ それだけの話でございました! 

           m(_ _)m    



         素敵な日曜日を see you!  


  1. 2017/11/25(土) 17:17:02|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天台寺門宗 三井寺



    記憶記事 📷 17.11.21


    総本山園城寺 三井寺  天台寺門宗
                    滋賀県大津市

    また 新しい文言が 天台寺門宗



  京都山科より京阪電車で浜大津へ
  そこで坂本行(延暦寺)に乗り換えて一つ目の
  三井寺 降車


  高台に荘厳的に 立ち並ぶお寺さんを眺めつつ
  仰々しい水路沿い に緩やかな坂道を

  その仰々しい水路が
  琵琶湖疏水 であることに気が付く



  山の麓で左手にとって 三井寺観音 方面へと ...

  入山所(料金所)の手前 長等神社
  美しいもみじに出迎えられる (^O^)


       拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面

           長等神社



  さぁ~!ここからが急階段   
  写真撮る余裕も無く 息遣いが
  人間の域を超えてそう  (´д`)

  昼飯に 頂いた Good! な
  松の司(二合)が 効いてくる ふぅwww~!




          三井寺 観音堂


  どうやら 三井寺の参拝コースを 逆に歩いてる!
  だが 道中の もみじも 真っ盛り!

  ここには 京のような喧騒もなく 
  嫌な 隣国の輩もいないし (^O^)













  この 三井寺 には
  国宝が 10 (建物4 美術工芸品6) (゜o゜;;


  一度や二度で語れるような
  お寺さんではありません

  由緒や過去からの歴史
  更には 混乱の時期から 逸脱




        三井寺 金堂 国宝



  様々な苦難を乗り越えてきた
  お寺さんだからこそ
  足を踏み込んだ瞬間に その気配を感じます!




        大門 仁王門



  厳か 厳格 凜とする そのような言葉が
  ぴったり 似合う 素晴らしい古刹でした!




        仁王門 から 金堂 へ 絶景



    爽やかな初夏に もう一度を思う!

     ※仁王門よりJR大津まで Taxi¥980 


    では 良き 週末を! see you!


  1. 2017/11/23(木) 15:55:48|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山科の錦絵 毘沙門堂門跡院



    太古からの錦

    山科の名刹 毘沙門堂門跡院 を尋ねて


       拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面

      本堂と霊殿をつなぐ渡り廊下から


             本堂より



   逆遠近法 なるものを 眺む!

   遠近法は かの 歌川広重 が 取り入れた技法
   遠近の距離感を版画で 表したもので それを
   ゴッホが 真似た話は有名 ですね


   逆遠近法 とは どの角度から見ても
   鑑賞者が 中心になるという手法で

   例えば 襖絵を眺めながら
   左右に移動すると
   机の大きさと向き が 変わります



         パンフより拝借
 
  実際に PCから 離れて 左右に移動してみて下さい

  そんなのが イッパイ!  (^O^)






     宸殿 (しんでん)の玄関先より拝借

    ※宸殿=皇室関係者が代々住職を勤めてきた
          門跡寺院特有の建物



     晩翠園 江戸初期の回遊式庭園




    惜しむらくは 盛りがやや過ぎていたこと










    山科の駅から 歩いて 20分余!
    老いた身体には きついが いつかまた
    訪れたいものです


       最後まで ご静聴(?) m(_ _)m

            see you!


     京都 山科  毘沙門堂門跡院 📷 17.11.21

  1. 2017/11/23(木) 03:26:29|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京 山科 毘沙門堂門跡院



  2011年 そうだ! 京都へ行こう の 広告





  その場所へ 行ってみると 





  なんかねぇ~! 

  本当に あんな風に なるんだろうか? って
  思いましたけどぉ~!  (-_-;)




    毘沙門堂門跡 京都 山科

    京の七福神のひとつ 毘沙門天がご本尊
    ※門跡=天皇家にまつわる方が住職になったとか
        住まれたと言う由緒ある古刹


       拡大可+IE&GoogleChromeならF11Keyで全画面



  本殿の唐門(入口=橙色が意外と低く作られています

  理由は 頭を低くして 厳かに参られよ!
  なんだって


  さらに その理由は
  ご本尊 毘沙門天 の左隣には 神君 家康公
  祀られており すぐ側の東海道を通って
  参勤交代する大名達は 否が応でも
  ここで お参りを させられたそうな! 

           (^O^)



  さて 肝心の 紅葉は!







    高台弁財天より 宸殿(新書院)を背景に


   ピークなんでしょうが 葉先は結構 痛んでおり
   万全な 紅葉とは言えませが そこそこでした!








      宸殿(新書院) から見る 絶景



    そんな中 一番の お気に入りは 境内より






  折角のお酒の名所 山科でしたが

  大津 へ 行って 地酒 松の司(純米吟醸酒 二合)を
  頂きました   もう最高!  (笑) 

  そして ふらつきはしませんけど 三井寺 (大津市)
  恐ろしい階段を登る羽目になりました!! (笑)


   では 今日も 爽やかに see you!

 
          📷 17.11.21


  1. 2017/11/21(火) 16:34:01|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初冬のドウダンツツジ 岐阜大龍寺




   仏様 お寺さん の造営に尽くされた
   後白河天皇 (1127~1192)と深い繋がりがある


       岐阜  金粟山 大龍寺 臨済宗妙心寺派






         菊の紋章が 誇らしい



  には お寺さんの山一帯が 白一色になる






   
           📷 16.04.15




  紅葉状態の 情報が無く 不安を覚えながら
  尋ねてみました!

 

    (-_-;) 5日~一週間 遅かった! 

      山は 葉が落ちて 色褪せ
      一瞬 このまま帰ろうかと!



      気を取り直して お寺さんの中へ


  かすかに 日当たりの悪い部分に陽が差して
       見られる状態!



               拡大化  IEならF11Keyで全画面




   撮影の妙 で 一応 面目維持 だが
   決して この先 訪れても 期待できないです!


   また 来年以降 にと 期待を抱かせる
   生きる力を 頂いたような   (^-^)


   雨で始まったこの週末
   どうぞ 心豊かに! see you!



         岐阜 大龍寺 📷 17.11.17

  1. 2017/11/17(金) 17:59:53|
  2. Yahoo!時代の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

Yahoo!Blogから、2018年春引っ越してきました。
もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

花火 (78)
時事 (42)
神社 仏閣 庭園 町並 (32)
季節の花 (19)
紅葉 (11)
独断と偏見 (10)
ちょい お出かけ (3)
映画・TV (3)
四季折々 (6)
音楽 (2)
催事 (1)
食べログ (3)
未分類 (5)
Yahoo!時代の写真 (1270)
Yahoo!時代の孫 (6)
Yahoo!時代の一般・常識 (24)
Yahoo!時代の写真関係 (69)
Yahoo!時代の経済・世論 (8)

年別アーカイブ

最新コメント

友達の素敵なBlog