徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

跳べ 新たな孫よ


   何の因果があってか 知らないが
   この世に生をなして 家族の一員に


   ようこそ!  碧空の世界



P1090578.jpg

                               📷 18.04.11 17:50



    まだ 何もない 純白  ...
    少しずつ 荒波にもまれて 色が付いて行く
    それも 良かろう!



    願いは ただ 一つ!


    真っ当に よそ道に逸れることなく
    己が 正しいと思う道を 堂々と歩んで欲しい!


    おまえは 碧空の血を継いでいる
    飛べ 跳べ翔べ 限りなく 上を向いて!



    ※ 4月10日(火)14:28 五人目の孫 男子誕生 3,200g 

              世界のみんなに 感謝!  

          ありがとうございました! m(_ _)m 


       Have a nice day!


  1. 2018/04/12(木) 09:42:00|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0

ドウダンツツジ寺


金粟山 大龍寺 臨済宗妙心寺派 (岐阜市)


690年頃 第41代持統天皇の時代に 鎮護国家の為に創建された

その後 後白河天皇 も崇拝され 特別な計らいから

こんにちまで隆盛を!



0411 01a


一番奥にある 山門ですが 正門 であり やはりこちらから

お参りしたいものです

※楽して 駐車場から 近道しては 御利益もないでしょ! (笑)



本堂でお参りして 庭園を拝観!


拝観料を支払い 中へ入ると まず目に付く 裏山の 満天星

本来は まず 早咲きのツツジが 真紅にお化粧するのだが

時代(気候)に乗り遅れたか! (笑) 



0411 01b



中庭に出ると 樹齢200年以上の 三本の満天星  と

裏山に 咲き揃う 満天星 に 圧倒される


0411 01c  


私が記憶する中で 最も美しかった 2002年の紅葉!


1126 01

         📷 2002.11.25 大龍寺


中庭を 反時計回りに 回ると 絶景が!


0411 01d



さらに進んで 中庭を眺めながら お茶を頂く 

※ 今年から 机と椅子になってた!


0411 01f



墓仕舞いが叫ばれる今  広大な墓地を見て

多くの檀家さんに守られて 実に悠然たる姿が思われる



0411 01g



春と秋の年二回 訪れているが
全く違う色合い 雰囲気に 唯々驚かされます


裏山に1,000本という 満天星が 植えられ
春は 純白に 秋には 深紅の山と変貌し
その対比が 鮮やかで 実に面白い



もう一度 山を眺めて 外へと出る!


0411 01h



JR岐阜駅から バスで30数分
参道の両脇に 凄い数の駐車場を構え 観光バスも数台OK


     (*゚ロ゚)



0411 06



   さらに もう一度振り返って 帰途に!


    いい一日だった! ふと スマホが鳴る

    五番目の孫が 産まれたって! 


         \(^O^)/



     では 皆様も 良き一日でありますように m(_ _)m


                📷 18.04.10


  1. 2018/04/11(水) 00:05:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

花火を謳歌!


(かざ)まつり   愛知県豊橋市小坂井町


 
愛知県の東 豊橋市に合併(2010年)されたけど
最近までは 人口 約22,000人とチョイ の小さな町ですが

宝飯郡小坂井町 として 行政は独立していました


風まつりは 神事と手筒花火・仕掛け花火&打上花火の奉納で

風にまつわる 珍しいお祭りですが 詳細は こちら



連結写真2

        風まつりの舞台となる 菟足(うたり)神社



実は 花火を追いかけてるけど ここは初物! (^_^)/~
小さな町の お祭りだからと 高を括って 14時頃 神社へ


神社の周りは 花火を撮らんかなの 三脚が あちこちに並ぶ 


      (゚o゚;


高い建物が周辺にないから どこからでも花火は見えるって聞いたけど
やたらと電柱や電線が気になり 2時間近く ウロウロ! (笑)


そんなこんなで 始まったよ!



P1010352.jpg

          電線が一本入りますけど ガマン 我慢!



一ヶ所だけ 邪魔物のないところを見つけたけど
田んぼからの 花火を撮ってもなぁ~~~ で
神社へ戻るも よさげなところは ブルーシートと三脚の山
 (>_<)



ここで 帰っては 名が廃る (笑)

お願いして ある家の玄関先を使わせて貰うことに

※ ほんとに気持ちよく お許し頂きました! 

  ありがとうございました! 来年は 志をお持ちしますから (*^_^*)



5pix8w.jpg


1.jpg



約45分 打上花火は 1,000発規模でしょうが

大中小 三ヶ所からの打上げ で 楽しめました!



6.jpg


       観客の頭で CM花火  (-_-;)

      でも こう言う所のお陰で 成り立つんですよね


      しかし 左の花火 マジ近いっす! 

      道路挟んでの 約 5~60mよ! (*゚ロ゚)



2.jpg

     RAWで撮っての 多重露光 本日唯一の二尺玉!   (^o^)



今年になって 三重県鳥羽の 春花火を 雨で逃し 元旦以来!

やっぱ  花火はいいなぁ~~~!

生活苦や ボケのこと 孫に追いかけられ 相方の仕打ちも忘れる! 



   *****   *****    *****



チョイ 辛辣欄(記憶として)


この打上花火を 担当された 加藤煙火(愛知県蒲郡市)さんは

近い将来 必ず頂点にって 期待し ブログ記事にもしました

が ここで打ち上げられた 尺玉や 8号玉を見て 残念に思いました


理由は 形がいびつ で正円にならず 座りのいいという 
完全に打ち上がってからの爆発も ややずれていた! 

をご覧下さい 

特に上のは 三重芯花火だが いびつ もったいない!

下のは やはり均一に開いておりません こんなのが多かった!



連結写真



    7月の終わりに 打ち上げられる 

    クオリティの高い 蒲郡納涼花火大会

    余りにも素晴らしいが故に ちょっと 気になりました!



         では 素敵な休日を! see you!


                 📷 18.04.07


  1. 2018/04/08(日) 10:21:00|
  2. 花火
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

町の力は桜の力


町おこし・村おこし ってのが 叫ばれる以前の

35年前 昭和の58年(1983年)の5月


田園地帯の幸田町(愛知県額田郡)は 愛知県の協力を得て

丘陵地に 町民のための 大きな公園を造りました



0406 10


0406 09



その公園は 幸田文化広場 と呼ばれ 同時に枝垂れ桜の公園をと

枝垂れ桜保存会 が 発足し 国や各地の桜名所の協力を頂き

約500本(シダレザクラ6種約350本、その他の桜17種150本)

桜が植えられました!



0406 16


0406 05



時は経ち(35年) 成熟した桜の木々 から
たおやかに垂れ下がる 紅しだれ桜の世界 が 広がっています



0406 07


0406 08



ましてや 今年は見事なくらいの 桜の当たり年
その風情は 言葉では言い表せません


公園を 右回りに 紹介しています



0406 13


0406 14



都会の喧噪もなく のんびりとしてるでしょ!


2018年の最後に このような 紅枝垂れ桜 を 堪能できて

これ以上 何を望もうか!


この興奮は 昨年 満開の 醍醐寺(京都)

枝垂れ桜 見た時以来です


0406 12


0406 15


ここを通って 戻ります! (^_^)


こんな素敵な場所が 近くにあることを

まだ 多くの方には知られていない 紅枝垂れ桜の名所



とっておきの オマケ! \(^O^)/


0406 17


   お店で 焼きよもぎ餅 桜餅 が 美味しそうに思えたけど

   ヤッパ ビールには 合わん! (笑)



   これをもって 2018年の桜を完全に終わります

   さぁ~~~! まもなく 花火の季節   (^_^)



         最後まで ご覧頂き感謝!

            では 素敵な週末をお過ごし下さい!

   📷 18.04.04  ※コメント欄を閉じさせて頂きます! m(_ _)m


      追伸

      最下段の 拍手(ポチ)欄に コメント枠 を提示しております

      Blog作者の 私のみの閲覧 ですので Yahoo!Blog の

      メッセージ感覚 で ご利用頂けると嬉しく思います

      ご自由な投稿を お待ち申し上げます    m(_ _)m 

                   碧空と花火(旧 東海の碧空) 

 

  1. 2018/04/06(金) 00:05:00|
  2. 季節の花
  3. | トラックバック:0

鬱金桜

うこん桜 (鬱金桜)


黄色の花で 八重咲きの花びらが10枚~20枚の大輪の桜


戦時中の空襲で焼けたり 日本の気候に合わず

原木の殆どが消失したなどで 国内で見られる 鬱金桜

確認されているだけで27本のみ・・・らしい


                            写真は クリックで 拡大可

P1010316.jpg

          鬱金桜 と 上地八幡宮  愛知県岡崎市



東京  新宿御苑 小石川植物園 光が丘公園 代々木公園 早稲田大学
埼玉県 大宮公園
山梨県 恵林寺(武田信玄の菩提寺)
京都市 六孫王神社 白峯神宮
岡山県 みやま公園ダイズ池親水広場  etc



上地八幡宮  愛知県岡崎市(家康大権現の生まれた地)


源頼朝の弟 源範頼公 が 平家討伐に向かう途中
小さな八幡宮に戦勝祈願し そのお礼に 1190年(鎌倉時代初期)
範頼公は 立派な社殿として寄進されました



P1010322.jpg



300年の昔から 鬱金桜 があったが

一度枯れており 現在のは 世襲


少し甘い香りと 上品な色合いで気品を感じさせ

花は終わりに近づくにつれて 赤みを増し 桃色に 変わります
そんなところから 美人桜 とも呼ばれます



鬱金桜 09



かっぱっぱ んぱっぱっ!の 銘酒 黄桜 
京都 伏見で酒造りを始めた創業者 松本治六郎は この黄色の桜を

愛し 製造した清酒に 黄桜 と 名付けたんですって!

 ↑・・・ 関係ないか! (笑)



P1010327.jpg



  桜  食傷気味かもですが まだ 凄い桜がありましたよ!


      では 皆様 良い一日をお過ごし下さいまし!

       📷 18.04.04 コメント欄は閉じさせて貰います m(_ _)m


       追伸

       最下段の 拍手(ポチ)欄に コメント枠 を提示しております

       Blog作者の 私のみの閲覧 ですので Yahoo!Blog の

       メッセージ感覚 で ご利用頂けると嬉しく思います

       ご自由な投稿を お待ち申し上げます  m(_ _)m 

                    碧空と花火(旧 東海の碧空)

  1. 2018/04/05(木) 00:05:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

天然記念物 桜


樽見鉄道と言う 超ローカル線 約40km を70分ほどかけて
ゆっくりと山越え谷越え はるばると   ...  (^o^)


P1010219.jpg



昔 歌われた 童謡 汽車


今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと
思う間もなくトンネルの闇を通って広野原


さらに
森や林や田や畠 後へ後へと飛んで行く


とてもこんな雰囲気では無かったな!


童謡 汽車 の発表は 1912年だそうだが こんな歌
今 世界に誇る 新幹線の歌 ではないか (笑)


なんだかんだと 自宅を出て 約2時間45分 (>_<)




淡墨桜 (岐阜県本巣市) 江戸彼岸桜 



P1010225.jpg


    手前右が 薄墨桜   樹齢1,500年以上 

    左奥は 2代目 薄墨桜  樹齢 95年



到着順に 左回りに一周した写真を見てチョ!



P1010229.jpg

           大正11年10月 国の天然記念物指定
 


満開時は つややかな白 散り際は 淡墨色に
なる事から 淡墨桜 と名付けられた
 


P1010239.jpg

     左  薄墨桜  樹齢 1,500年 樹高 16.3m 幹回 9.9m 

       右 2代目 薄墨桜



三春滝桜(福島県) 山高 神代桜(山梨県)
と ともに 日本三大桜 と呼ばれています



P1010248.jpg



美しい公園に整備されて 山の麓に
どっしりと 根を下ろす 江戸彼岸桜 1,500年以上よ! 


でも 1,500年って もう10年以上前から聞いてるけど (笑)



P1010245.jpg



能書きは さておいて 二代目 大正12年 植 としてある 95歳!


2018年の 桜の最後として 細かいことは 言うまい!
どうしてもと言う方は wikipedia で 歴史を感じて!



最後に もう一度


       

P1010235.jpg



       最後まで お付き合いに感謝! m(_ _)m


          have a nice day


                📷 18.04.02 


  1. 2018/04/02(月) 20:25:00|
  2. 季節の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
前のページ

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (65)
時事 (24)
独断と偏見 (7)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (1)
神社・仏閣・日本庭園 (22)
映画・TV (2)
四季折々 (5)
音楽 (1)
未分類 (1)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる