徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

京都 歴史の一端


  鷹峰山 源光庵 曹洞宗 本堂 1694年の建立


  本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので 1600年に

  鳥居元忠(徳川家家臣)らが石田三成に破れ自刃したときの跡が

  血天井として伏見城の のちを伝え祀ってあります!  



P9131834.jpg


P9131831.jpg

           源光庵   入り口(↑)と 本殿(↓)



  本尊 釈迦如来 の右脇には 丸窓と角窓 があり
  丸い窓は 悟りの窓 と呼ばれ
  悟りの境地を開くことができ 丸い形は大宇宙を表現している


  一方 四角い方は 迷いの窓 と言われ
  人間の一生 つまり 生老病死の人間のあらゆる苦しみを

  四つの角で象徴している        ※wikipediaより



P9131825.jpg



 源光庵は京都の紅葉名刹(風情)として評判高いが 血天井を

 見るまでも無く 京都ってとこは 応仁の乱(1467年から11年間)

 町は焼き尽くされ 住民や文化に甚大な影響を及ぼしました


 が それを立て直したのも 影響のあった京都の町民達

 やがて町衆は 京都に自治の制度を作り 力を持ち 武家と対立し

 天文法華の乱 に繋がるんですね



P9131823.jpg

               源光庵 迷いの窓



 追い打ちをかけるように 信長が京都に入って 更に窮地に

 天下盗りが盛んになり 秀吉没直後 西軍(石田三成率いる)の攻めに

 伏見城(徳川軍)は 落城し 関ヶ原の合戦にと発展します

  

 私の思う 京都の歴史の一端でございました  m(_ _)m



P9131810.jpg

             源光庵 悟りの窓


 しかし 何はともあれ 人間同士の醜い争いであった事には変わりませんが

 時の人々だけで無く 人間として生きてる限り 迷いあり 苦悩ありの人生で

 頼るものは やはり自分以外無いという悟りに心静まる 碧空爺でございます! 

               m(_ _)m

     

        Have a nice weekend! see you!

             📷 18.09.13 源光庵(地図上金閣寺の上)


  1. 2018/09/14(金) 12:27:01|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://hekikuu0618.jp/tb.php/137-81328c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (65)
時事 (24)
独断と偏見 (7)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (1)
神社・仏閣・日本庭園 (24)
映画・TV (2)
四季折々 (5)
音楽 (1)
未分類 (1)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる