徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

福寄せ雛

 

娘が出て行くと 祖父母に頂いた お雛様飾りが残る
娘に持たす訳にいかず
と言って 捨てる事も出来ない


ご多分に漏れず 内裏雛を残し 人形供養へ


娘の成長を見届けてくれ その思いが詰まった
人形たち 今いずこに!


一部では 役を終えたお雛様が
思い思いに 浮世を楽しむ姿が  ...

人呼んで 福寄せ雛



その数々を ご覧あれ! (^_^)/~



P3070602.jpg


まず 下界へ こそっと 抜け出します! 



P3070599.jpg


こそ泥 ではありません! 脱出ですぞ!



P3070603.jpg


ウルトラマンに出会い ラ・ラ・ランド にも!


P3070629.jpg




P3070619.jpg


あらららっ!
随分と お盛んだ事! (*^_^*)



P3070641.jpg


そう! お堅いところから卒業したんだし
羽目はずして いいでしょ!



P3070630.jpg


まぁ!~~~ (*゚ロ゚)

分かる人には分かる タイタニック
分からん人は 爺婆に聞いて!



P3070607.jpg


天から眺むるとき みんな出ておいで ...と!



最後に みんな よく 頑張ったね!

たのしいね~!! そだね~!!


P3070623.jpg



       では いい一日を! 


       名古屋市緑区 有松絞りの町 旧東海道沿 📷18.03.07



  1. 2018/03/08(木) 00:05:00|
  2. 四季折々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<悔しい我が人生 | ホーム | 待ち遠しい春花火>>

コメント

おはようございます。
あの、感動のシーン想いだしました。
ジャックはローズに何も言わせずに、
目をつぶらせて、船首の柵に足をかけて
両手を横に広げさせ、後ろから支える。
目を開けたローズは、
「飛んでる!」と感嘆の声を上げる。
  1. 2018/03/07(水) 13:05:51 |
  2. URL |
  3. 三茶 #-
  4. [ 編集 ]

三茶さん ありがとうございます!

「わたし飛んでるwww!」
衝撃を与えた記憶に残る映画で、TVを含め何度も見ました。
レオナルド・ディカプリオのデビューにも絶賛でした。
あの、事実というか衝撃の理由は、やはり物事に対する油断かと。(^o^)
  1. 2018/03/07(水) 14:16:14 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

東海さん、この記事が載ると思いだします
確か東海さんと初めてコンタクトとったのが
お雛様記事だったと記憶しています
間違っていても 歳のせいギャハハでお願いします

それにしても 下界は楽しかったでしょうか
天の方が良いように思われますが(^^) P

ミラーレス一眼各社競って新製品だしてきましたね
今朝の新聞記事にも載っていました
あの時背中を押していただいて良かったと思っています。
  1. 2018/03/07(水) 19:36:50 |
  2. URL |
  3. 文旦 #-
  4. [ 編集 ]

このシリーズは毎年楽しく拝見させてもらってます^^
おもしろいですね~。
現地で見てみたいものです。
  1. 2018/03/07(水) 19:38:05 |
  2. URL |
  3. エム #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
お引っ越しをされて寂しくなりました。
が、スマホのホーム画面に入れてからは、すぐにこちらにも飛んで来れるようになりました🎵
お雛様の記事、楽しいですね。
映画あり、スポーツあり...
今回はスマホから御試しコメントです。
これからも楽しませてくださいね。
  1. 2018/03/07(水) 19:40:39 |
  2. URL |
  3. こたろう #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ。

ほんと、お役目を済ませたお雛様たち。
楽しそうですね~そだね~(^^)v

タイタニックは、映画館で観ましたよ。
いまでも、あの、飛んでる~のシーンは
ハッキリと浮かんできます。
  1. 2018/03/07(水) 20:02:21 |
  2. URL |
  3. 姫ママ #-
  4. [ 編集 ]

福寄せ雛、毎年可愛らしいですね。
楽しい解説ありがとうございます凸
  1. 2018/03/07(水) 20:20:15 |
  2. URL |
  3. まっちょん #-
  4. [ 編集 ]

文さん ありがとうございます!

>お雛様記事だったと
ごめん、はっきり覚えてない。(>_<)
お雛様の物語は、決して明るいものではなく地方によっては
身代わりだとか言われ縁起が決していいものではありません。
だからね、娘が無事に嫁いでくれたのなら安楽の世界を。(^o^)

ミラーレス・・・良かったかどうかは、これからではないの。
まだ、自分の中で「ミラーレス」に疑問の心が多少残ってるもん。
無理も無いけどね、D800を知ってるものとしてはね。
  1. 2018/03/08(木) 01:41:33 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

エムさん ありがとうございます!

多分、そのうちにエム家でも私の心が分かる時期が来るはず。
邪魔だ!、もったいない!・・・の、葛藤に。(笑)
そして、数年前に知った「福寄せ雛」、私は供養に出してしまった
けど、いつも心に引っかかっていた。
こう言う生かし方があったのかと。(^o^)
  1. 2018/03/08(木) 01:42:33 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

こたろうさん ありがとうございます!

Yahoo!であろうが、Fc2であろうがPCでもスマホでも「お気に入り」に
登録しておけば、それを開くだけだから。
私は、画像・写真に拘りがあるからβ版のような小さな画面では納得
いかないのでね、ごめんね。
  1. 2018/03/08(木) 01:43:33 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

姫ママさん ありがとうございます!

>楽しそうですね~そだね~(^^)v
全くもって、そだねぇ~~~!です。(^o^)
タイタニックは、実話を映画化したものです。
映画では、美しく画像にこだわってるけど、実際は真っ黒の世界
怖かったでしょうね。
戦後の心に残る映画の一つです。(^_^)/~
  1. 2018/03/08(木) 01:44:29 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

まっちょんさん ありがとうございます!

この福寄せ雛のプロジェクトは、もう数年以上経ちました。
捨てるに捨てれず、思いあまって供養に・・・。
その苦悩を少しでも和らいで、内裏雛の宿命も解放してあげたいですね。
  1. 2018/03/08(木) 01:45:05 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

福寄せ雛、初めて知りました。
とても素晴らしいですね。
お雛様が生き生きしてるように思えます。
タイタニック思い出しましたよ^^
ウルトラマンとのコラボも素敵ですね(*^-^*)ゞ

  1. 2018/03/08(木) 02:53:07 |
  2. URL |
  3. りゅうこ #-
  4. [ 編集 ]

りゅうこさん ありがとうございます!

このプロジェクトは、岐阜県の「郡上市」と名古屋の愛好家が立ち上げ、
かれこれ数年経ちました。
大きな家ならともかく、我らのような都会のマンション住まいでは一式を
保管することが大変です。
けっか、人形供養に出してきた訳。
それらを見かねて、「福寄せ雛」として再利用しようと言うことなんですね。
人形供養に出した懺悔のような気持ちを和らいでくれるこの運動に心から
応援しています。
  1. 2018/03/08(木) 03:28:29 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

お雛様も最近は住宅事情も考慮して、小型になりました
跳び箱と一緒にするわけではありませんが、段数が多いと風格が漂います。
最近は、卒業したお雛様が活躍できる場があるのですね、こういうお雛様もなかなかのものです。
山口では、公共の施設で展示されることがありますが保管する担当の方は大変だと思います。
  1. 2018/03/10(土) 15:51:20 |
  2. URL |
  3. イクジー #-
  4. [ 編集 ]

イクジーさん ありがとうございます!

主さんとこのような大きな屋敷なら保存も可能でしょうし、将来孫やその
次にも見せてあげれるでしょう。
でもねぇ~、しがないマンション暮らしでは、そうもいきません。(>_<)
六畳の間の半分を占めましたし、狭い押し入れでは保存もままなりません。

だから、この時期が来ると供養に出した事への詫びと心に残る懺悔を
払拭しております。
  1. 2018/03/10(土) 16:31:39 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hekikuu0618.jp/tb.php/27-a7253ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (66)
時事 (29)
紅葉 (5)
神社・仏閣・日本庭園 (24)
独断と偏見 (7)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (1)
映画・TV (3)
四季折々 (5)
音楽 (2)
未分類 (1)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる