徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

天下の珍祭


豊年祭 田縣神社(たがたじんじゃ) 愛知県小牧市

 

まず 度肝を抜かれて下さいまし! \(^O^)/



P1000773.jpg


P1000789.jpg



豊年祭とは 毎年新しく檜で男根(チン○ン)を造り
田縣神社の神様にお供えし 今年一年が豊かな年に
五穀豊穣 万物の育成 子孫の繁栄を
祈願する 田縣神社最大の神事 です ... だと!



お旅所(神明社)に 安置された男根神輿と二つの神輿

男根神輿は 厄男(42歳)が担ぎ 800mを1時間かけて 田縣神社 へ 


  目を回さないでね! (*^_^*)  お旅所(神明社)にて


P3150665.jpg


立派でしょ!

この角度に 碧空爺は 苦労しました!

角度をつけすぎて 嫌みになってもいけないし ... (笑)




五人衆 と言う 小さな男根を抱く女性は 選ばれた厄年の女性


P1000776.jpg


P1000779.jpg


あぁ~~~っ! アカン アカンって! 

爺婆は 触ってイカン (-.-#)


若い女性が 触りまくるもんだから (^_^)/~


でも 私 もう離せない!  ウン! 分かる わかる~! (*^_^*)


P1000781.jpg




P1000809.jpg



最近は 世界各国からの参拝者で境内は埋まり
見比べて 笑え! この梅 あの桜 の 詩歌の如く
国境を越えて みな微笑む祭で まさに 天下の珍祭 だ!



そこで 何故?男根を奉納するのかを 調べても
明快な答えはありません!


ただ 変わりし品物を奉納・・・と言う文言があること
近くに 大縣神社(姫の宮神社)と言う 紀元前からの
由緒ある女性の守り神が存在することも 無視できないようです



ご希望に添って 特大 で 卒倒しても知らんよ!


P1000797.jpg


     男根(チン○ン)の 大きさは 木曽檜で
      直径約50~60cm
      長さ 約2m50cm
      重さ 約250~300kg ・・・ あります (^_^)/~~~



      神社に 戻ってきました!


P1000841.jpg


P1000895.jpg



   どうですw~~~!


  最後に雄姿を参拝者に誇り 奉納されます! (^o^)


  世界からも注目される まさに稀代のパワースポットですね



       では 素敵な週末をお過ごし下さい!

                  📷 18.03.15


  1. 2018/03/16(金) 08:17:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<名古屋にも春! | ホーム | 快調に独断と偏見>>

コメント

立派ですねえー・・・あやかりたいですが、元気もないし相手もいません(笑)
若い女性が抱えているのがいいですね。
既婚か未婚か・・・聞くのは無粋ですね。
  1. 2018/03/15(木) 15:48:37 |
  2. URL |
  3. イクジー #-
  4. [ 編集 ]

立派な物見させてくれてありがとうσ(^_^;)
平気で記事を読めるんだから私もダメだわ
厄年の女性が♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
  1. 2018/03/15(木) 16:47:13 |
  2. URL |
  3. りゅうこ #-
  4. [ 編集 ]

イクジーさん ありがとうございます!

>元気もないし
そんな爺くさいこと言ってはいけません。
永遠に持続する気力も大切ですけど。(笑)
>既婚か未婚か
基本、19歳33歳の方のようですが、過去にはお腹が大きかった方がいた・・・
とも聞いています。
しかし、この五人衆は人気が高く、厳しい審査と抽選をクリアしないと
いけません。
今回も遠くは和歌山辺りから見えたとか。
  1. 2018/03/15(木) 17:01:53 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

りゅうこさん ありがとうございます!

立派でしょ。(^_^)/~

>平気で記事を読めるんだから私もダメだわ
そんなことありません。
過去は過去・今は今ですから。(笑)
地元では、慣れっこってのもあるけど、子連れや若きアベックで賑わいます。
実は、私も多少元気を頂きました!。(笑)
  1. 2018/03/15(木) 17:02:32 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます
まぁ~いつ見ても立派なモノですね
目のやり場に困りますわ
今朝はこれをみて元気が出ましたわ
今日も午後から稼いできます
  1. 2018/03/15(木) 17:49:43 |
  2. URL |
  3. いちごちゃん #-
  4. [ 編集 ]

大真面目なのでしょうけれど、笑えるお祭りですね~(笑)
様々な角度で撮影、お疲れ様でした(笑)(笑)

こんな人がたくさんいるなかで、これだけ立派に撮れる東海さん、さすが!
  1. 2018/03/15(木) 19:35:41 |
  2. URL |
  3. エム #-
  4. [ 編集 ]

いちごちゃん ありがとうございます!

お勤め・・・ご苦労様です。
>目のやり場に困りますわ
はははっ!。
流石の山登りも、(*゚Д゚)仰天ですかね。(^o^)

やはり私だけで無く、元気がもらえる「パワースポット」です。
世には、きれい事だけが優先される傾向がありますが、こう言う末端というか
基となることを粗末に考えてはいけません。
密にして置くこと・秘め事かも知れませんが、世を見渡すと結構この手の
神事はあちこちにあります。
なんて言ったって、人間の祖の事ですから。
  1. 2018/03/15(木) 20:39:25 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

エムさん ありがとうございます!

>笑えるお祭りですね
確かに。
その反面、我が国には結構この手のお祭りがあります。
でも、本当は人間の基となることですから、もっと大事に祀られると言うか
表に出てきてもいいような気がします。

いまや、性の問題ってそんなに秘め事では無いでしょうから。
恥ずかしいけど、愛知7区の国会議員が証明してますし。
違うか!。(笑)
  1. 2018/03/15(木) 20:40:07 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

東海さん、
これ見て我見たら笑えます(*^_^*)
この様なお祭りこそ全国ニュースでやるべきです
そして、少しずつならす ・ ・ ・
  1. 2018/03/16(金) 00:44:31 |
  2. URL |
  3. 文旦 #-
  4. [ 編集 ]

近くても恥ずかしくて見に行った事がありません。地元なので誰かに会ったら、からかわれそう。
まだ恥じらいを持っている婆です(笑)
何度もこの記事の中で拝見させてもらい、
元気を戴きました!
  1. 2018/03/16(金) 01:31:21 |
  2. URL |
  3. こたろう #-
  4. [ 編集 ]

文さん 全く同感。(>_<)

でもね、若い初な娘さんが「チン○ン」抱かえる姿ってカワイイよ。
まぁ~、最近の事として別に未経験でも無いだろうし、全てが経験済み
だろうから。(笑)

おかしな事に、このような辱めな「五人衆」って言うが、人気があって
抽選で当たるのって大変だそうよ。
今回、五人の中に、遠くの和歌山からの参加者がありました。
  1. 2018/03/16(金) 05:39:33 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

こたろうさん ありがとうございます!

>近くても恥ずかしくて
今は、そう言う時代でないの。(笑)
その証拠に、若いアベックだとか子供連れで溢れてるよ。
それと、外人が多い。
アホな隣国で無く、高山のように欧米系の外人が多い。
チン○ンにさわって、触れて喜んでた。(^_^)/~
  1. 2018/03/16(金) 05:40:20 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

羨ましいですなあ!昔のこと故忘れてました(笑)

祭り自体が子孫繁栄を願うものが多いから、この手の祭りは慣れてますよー(笑)
しかし豪快ですねー。やっぱり羨ましい!

  1. 2018/03/18(日) 16:21:40 |
  2. URL |
  3. kazu #-
  4. [ 編集 ]

kazuさん ありがとうございます!

我々も過去には元気であった事も事実だし、今となっては傍観するしか
無いがそれはそれでいいのかも。

仰るとおり、この手のお祭りって結構日本中にあるようですね。
まぁ~~~、ここまでダイナミックに披露されるとヤッパビックリより
うらやましか! ですね。(笑)

それと驚くのは、欧米の外国人が凄く多いって事にも驚きますが、支那や
朝鮮系はいません。
  1. 2018/03/19(月) 01:40:59 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hekikuu0618.jp/tb.php/33-ff1e6e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (66)
時事 (29)
紅葉 (5)
神社・仏閣・日本庭園 (24)
独断と偏見 (7)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (1)
映画・TV (3)
四季折々 (5)
音楽 (2)
未分類 (1)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる