徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

天然記念物 桜


樽見鉄道と言う 超ローカル線 約40km を70分ほどかけて
ゆっくりと山越え谷越え はるばると   ...  (^o^)


P1010219.jpg



昔 歌われた 童謡 汽車


今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと
思う間もなくトンネルの闇を通って広野原


さらに
森や林や田や畠 後へ後へと飛んで行く


とてもこんな雰囲気では無かったな!


童謡 汽車 の発表は 1912年だそうだが こんな歌
今 世界に誇る 新幹線の歌 ではないか (笑)


なんだかんだと 自宅を出て 約2時間45分 (>_<)




淡墨桜 (岐阜県本巣市) 江戸彼岸桜 



P1010225.jpg


    手前右が 薄墨桜   樹齢1,500年以上 

    左奥は 2代目 薄墨桜  樹齢 95年



到着順に 左回りに一周した写真を見てチョ!



P1010229.jpg

           大正11年10月 国の天然記念物指定
 


満開時は つややかな白 散り際は 淡墨色に
なる事から 淡墨桜 と名付けられた
 


P1010239.jpg

     左  薄墨桜  樹齢 1,500年 樹高 16.3m 幹回 9.9m 

       右 2代目 薄墨桜



三春滝桜(福島県) 山高 神代桜(山梨県)
と ともに 日本三大桜 と呼ばれています



P1010248.jpg



美しい公園に整備されて 山の麓に
どっしりと 根を下ろす 江戸彼岸桜 1,500年以上よ! 


でも 1,500年って もう10年以上前から聞いてるけど (笑)



P1010245.jpg



能書きは さておいて 二代目 大正12年 植 としてある 95歳!


2018年の 桜の最後として 細かいことは 言うまい!
どうしてもと言う方は wikipedia で 歴史を感じて!



最後に もう一度


       

P1010235.jpg



       最後まで お付き合いに感謝! m(_ _)m


          have a nice day


                📷 18.04.02 


  1. 2018/04/02(月) 20:25:00|
  2. 季節の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22
<<鬱金桜 | ホーム | 京の桜 >>

コメント

立派ですねぇー、さすが1500年です。
2代目だって95年・・・よそに出しても恥ずかしくない風格を備えています。
しかし初代と目の鼻の先では、少し可哀そう・・・2代目社長の悲哀というものが出ているような(笑)
比較的長生きの江戸彼岸ですが、1500年も生きようと思うと、環境が良いのでしょうね。
山あいで風通りが良くて、なおかつ強い風が吹かない、岐阜県ですから台風も滅多に来ない・・・。
斜面で水はけも良い肥沃な土壌・・・。
私も、よい家庭環境に育ったら・・・150歳までは生きていたはずです(笑)
  1. 2018/04/02(月) 03:50:11 |
  2. URL |
  3. イクジー #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
昨日、ブログ友の実相寺山高神代桜
が樹齢2000年だって。
1500年、やはり、山梨、岐阜の山中に
あるんですね。
東京大空襲で、大イチョウなど、被害に
あいました。
飛鳥時代より前、古墳時代です。
都があった場所の桜は、短命です。。。
いつも争い、焼き尽くされました。
  1. 2018/04/02(月) 03:51:38 |
  2. URL |
  3. 三茶 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは!
私も数年前に行きました。
立派な花に感動しましたが、でも痛々しい
枝ぶり(支え棒)がないと支えきれない木を
そこまでして花を咲かせるのはむごいかな?
なんて思いましたよ
みなさんは、どんな気持ちでみていらっしゃるのでしょうか?
あぁ~綺麗だなぁ~と観賞されるだけでしょうか?
  1. 2018/04/02(月) 05:00:39 |
  2. URL |
  3. いちごちゃん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ。

数年前に訪れて、観たことがあります。
ほんとに、立派で見ごたえのある桜ですよね。

以前、信州の一本桜を巡ったこともあります。
並木で咲く桜より、人知れず、どっしりと
歴史をかかえて咲く姿に惹かれます。

西国巡礼中にも山桜や枝垂れ桜など
出逢えました。
次回は、奈良の古寺となります^^
  1. 2018/04/02(月) 05:25:19 |
  2. URL |
  3. 姫ママ #-
  4. [ 編集 ]

実物は一度も見たことありませんが見事なものですね❗

名古屋勤務の時に同僚が良く話していたこと記憶してます。
  1. 2018/04/02(月) 06:24:56 |
  2. URL |
  3. Akitakenken #-
  4. [ 編集 ]

今年も、観に行かれたんですね。
素晴らしいですね。

マメに脚を運ぶ東海さんも素晴らしい!!!

松葉杖を沢山まとっているようにも見えますが
未だに、見事な花を付けるところは
生命の神秘さえ、覚えます凸
  1. 2018/04/02(月) 08:07:56 |
  2. URL |
  3. まっちょん #-
  4. [ 編集 ]

イクジーさん ありがとうございます!

>岐阜県ですから台風も滅多に来ない・・・
実は、伊勢湾台風がまさにここへ上陸したんです。
そしてその延長先が、私の故郷。
事実中学生だった私が、台風の目を見て「晴れた!、台風が終わったんだね」
って言ったら父が、風の向きが逆になるやつが来る・・・って。

その伊勢湾台風の時に、この薄墨桜も真っ二つに・・・おしまいの写真が
それを物語っております。
  1. 2018/04/02(月) 13:36:54 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

三茶さん ありがとうございます!

>山高神代桜
桜の時期では無かったけど、甲府へ仕事で行った時、見に行きました。
包帯姿が痛々しくて、なんか、あそこまでして維持しなければならないのかと
心苦しく思いました。

それを思うと、薄墨桜は地元の手入れが行き届いて、見事でした。
しかも、3年前に見た花芽が倍以上あったように思います。
  1. 2018/04/02(月) 13:38:05 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

いちごちゃん ありがとうございます!

>そこまでして花を咲かせるのはむごいかな?
確かにね、もう一つの三大桜、山梨県の山高神代桜を見た時は、そのようにも
思いました。

今回の薄墨桜は、前回(15年)見た時の倍以上の花が咲いていましたね。
今年は桜の当たり年だったような気がします。

ただ、この薄墨桜は、伊勢湾台風で大きな損傷を負い、苦心された地元方々の
お陰で今があるのね。
それと、老いて痛んで惨めな姿を見た方が、もっと辛かったのだろうと思います。
咲くために薄墨桜はあるのと、あの薄墨桜が何故あそこにあるのかって事を問うた時、永遠に咲き続けて欲しいと願う訳なんよ。
  1. 2018/04/02(月) 13:39:10 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

姫ママさん ありがとうございます!

前回(15年)にUPした時も、姫ママさんが同じ事言って下さいました。

今回は、間違いなく今までに何度も訪ねた最高の花芽に会えました。
ほんま、素晴らしかったですよ。

奈良の古刹かぁ~~~、いいなぁ~。
京都もほぼ二回りして、チョイ飽きた感じもしますから奈良辺りがいいの
だけど、奈良だと車だもんね。
呑めんから、だめ。(笑)
  1. 2018/04/02(月) 13:39:58 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

akitakenkenさん ありがとうございます!

距離的に名古屋からそんなにある訳で無いのだが、車で行くとなると渋滞が
嫌だし,呑めんし。(笑)
そう言う意味で、僻地ですから。
なにせ、時の天皇継承者が権力争いを避けて逃げ延びたところですからね。
のんびりしたい良い町ですけど。
  1. 2018/04/02(月) 13:43:54 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

まっちょんさん ありがとうございます!

歩け!・走れ…って言ったって、出来ないし、こうして出かけることによって
「歩く」事を実証しようと。(笑)

ただね、出かけるのいいけどその直後から一両日、目の痛み、鼻血が出たり
咳・鼻づまりに悩まされる…これが問題です。(>_<)

しかし、今年の大木桜・・・見応えがありましたよ。
もう、最後になるかも知れませんが。
良かったです、出かけて。\(^O^)/
  1. 2018/04/02(月) 13:48:21 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしいですね~
1500年も人々を楽しませてくれた薄墨桜見応えがありますね
今年の桜はどこも花芽が多かったような気もしました
これから何年も咲き続けて欲しいですね
私は後何年かな?今日はbirthdayv-308
  1. 2018/04/02(月) 16:30:28 |
  2. URL |
  3. りゅうこ #-
  4. [ 編集 ]

りゅうこさん ありがとうございます!

3年置きくらいに、ノコノコと出かけております。
そんな中、一番の美しさでした。

17代天皇の子が、時の権力抗争に嫌気がさして美濃地方の山奥へと
たどり着いたんです。
暫くして、第26代継体天皇として都に迎えられることになります。
その別れを惜しんで、植えられたのがこの桜(後に、薄墨桜と命名)。

人生、節制して長生きしておれば必ずいいことがあると言う例えでは
ないでしょうか。
まだまだ、三途の川を渡ることは後にします。(笑)

 have a nice birthday! \(^O^)/
  1. 2018/04/02(月) 17:03:44 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

東海さん、見事な桜を見せて頂き感謝!
到着順に左回り 良い案ですね 人とぶつからずに済むし
全ての角度から楽しめます。
  1. 2018/04/02(月) 19:31:38 |
  2. URL |
  3. 文旦 #-
  4. [ 編集 ]

文さん ありがとうございます!

左回りに回ったのは、それなりに理由があるんです。
ほぼ一周した辺りに高台があって、眺めがすこぶるいいの。
そこで、冷たい水を片手にコンビニで買った「越乃寒梅 360m㍑」
(古っっw!)を頂くという策略。
白ラベルだけど、やっぱ、のどごし爽やかでした、ハイ!。
ただ、それだけでそれ以上も以下も無い。(笑)

やっとで、GH-5のフィルム感覚の画像にたどり着きました。
まもなく始まる花火が、どのように撮れるか?。(^o^)
  1. 2018/04/02(月) 20:30:36 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

立派ですねぇ…。思わずため息が。
樹齢1500年など想像もつきませんが、なにか宿っていそうな気配を感じます。迫力あるわぁ。

左回りの理由もまたいいですね。
眺めの良い高台でいただくお酒は格別だったことでしょう(笑)
  1. 2018/04/02(月) 22:43:48 |
  2. URL |
  3. エム #-
  4. [ 編集 ]

エムさん ありがとうございます!

今年の天然記念物桜は、特に見事でした。
岐阜美濃地方へ権力争いを避けて逃げていた皇室の一人が第26代継体天皇
(507年~)として迎えられることになって、そのお別れに手植えされた
桜です。

一時は、枯死も覚悟されたこともあったようですが、懸命な努力で持ち直し、
今年の花芽を見ると、とても1,500年以上経ってるなんて思えない程の迫力
でした。
しかし、超満員の電車が辛い。(笑)
  1. 2018/04/03(火) 04:55:55 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

遅いコメントになってしまいました。
樽見鉄道は昨年乗り、薄墨桜は数年前に車で行きました。
今年は桜の当り年かもしれませんね。
ソメイヨシノも桜の花が沢山ついていたように思います。
そうそう、三春の滝桜、せっかく行ったのに、全く咲いてなかったわ。
ツアーはこれだからダメだ(笑)
  1. 2018/04/04(水) 06:49:03 |
  2. URL |
  3. こたろう #-
  4. [ 編集 ]

あっ、三春の滝桜は昨年の事です。
  1. 2018/04/04(水) 14:42:00 |
  2. URL |
  3. こたろう #-
  4. [ 編集 ]

こたろうさん ありがとうございます!

>ツアーはこれだからダメだ
たしか、ブログ記事で読んだ記憶が。
ツァ~のいいところは、安いのといつでも呑めることだけ。(笑)

しかし、三春の滝桜・・・今年は凄いでしょうね
福島・・・遠いもんなぁ~~~。
その福島(会津)へは、年三回行きました。
連泊で計9日間。(20年前)
650km・・・あのときはアホだったな。(笑)

>今年は桜の当り年・・・御意!。(^_^)/~
昨日、甲田町の
垂れ桜祭り見てきたけど、(゚o゚; の連続でした。
  1. 2018/04/04(水) 14:46:54 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

こたろうさん m(_ _)m

>甲田町の
正:幸田町(愛知県額田郡)   m(_ _)m
  1. 2018/04/04(水) 17:00:36 |
  2. URL |
  3. 碧空と花火 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hekikuu0618.jp/tb.php/44-1519d741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (66)
時事 (29)
紅葉 (5)
神社・仏閣・日本庭園 (24)
独断と偏見 (7)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (1)
映画・TV (3)
四季折々 (5)
音楽 (2)
未分類 (1)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる