徒然がままに

急がず、Slow&Slowly・・・で

京都 歴史の一端


  鷹峰山 源光庵 曹洞宗 本堂 1694年の建立


  本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので 1600年に

  鳥居元忠(徳川家家臣)らが石田三成に破れ自刃したときの跡が

  血天井として伏見城の のちを伝え祀ってあります!  



P9131834.jpg


P9131831.jpg

           源光庵   入り口(↑)と 本殿(↓)



  本尊 釈迦如来 の右脇には 丸窓と角窓 があり
  丸い窓は 悟りの窓 と呼ばれ
  悟りの境地を開くことができ 丸い形は大宇宙を表現している


  一方 四角い方は 迷いの窓 と言われ
  人間の一生 つまり 生老病死の人間のあらゆる苦しみを

  四つの角で象徴している        ※wikipediaより



P9131825.jpg



 源光庵は京都の紅葉名刹(風情)として評判高いが 血天井を

 見るまでも無く 京都ってとこは 応仁の乱(1467年から11年間)

 町は焼き尽くされ 住民や文化に甚大な影響を及ぼしました


 が それを立て直したのも 影響のあった京都の町民達

 やがて町衆は 京都に自治の制度を作り 力を持ち 武家と対立し

 天文法華の乱 に繋がるんですね



P9131823.jpg

               源光庵 迷いの窓



 追い打ちをかけるように 信長が京都に入って 更に窮地に

 天下盗りが盛んになり 秀吉没直後 西軍(石田三成率いる)の攻めに

 伏見城(徳川軍)は 落城し 関ヶ原の合戦にと発展します

  

 私の思う 京都の歴史の一端でございました  m(_ _)m



P9131810.jpg

             源光庵 悟りの窓


 しかし 何はともあれ 人間同士の醜い争いであった事には変わりませんが

 時の人々だけで無く 人間として生きてる限り 迷いあり 苦悩ありの人生で

 頼るものは やはり自分以外無いという悟りに心静まる 碧空爺でございます! 

               m(_ _)m

     

        Have a nice weekend! see you!

             📷 18.09.13 源光庵(地図上金閣寺の上)


  1. 2018/09/14(金) 12:27:01|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

熱田神宮の謎


つい最近知ったんだけど 日本中のプログの8割は

スマホ で 読まれてるんだってね (アメーバ)


私なんか PCでしか見てないから
スマホ対策ってのも必要なんだね キット!

例えば カメラでは 横縦 3:2 の 画面で撮ってるけど

PCやスマホは 16:9 の 画面(アスペクト比)だからね



P6171427.jpg

      アスペクト比 3:2   深緑が覆う 熱田神宮の もう一つの参道



さて 痛む右腰をかばう余り 左膝にも違和感が m(_ _)m
まぁ~ あそこが痛い ここが痒いって

熱田神宮へ お参りしたけど ダメか! (-_-;)



熱田神宮の正門(南門)から 最初の鳥居を潜って すぐ右へ 

ちょうど参道のすぐ東側に 清雪門(せいせつもん)が あります
                ※ 又の名を 不開門(あかずのもん)とも



P6171428.jpg

          アスペクト比 16:9       清雪門 (不開門)



天智天皇の時代(第38代天皇 668年頃)
熱田神宮に来た 朝鮮のくそ坊主 神剣 草薙の剣 を盗み出した!


その時に侵入したのが 清雪門 からで 無事 剣が熱田神宮に

戻ってからは 不吉の門とされ 以降 閉められたままです



誰も通らないような 深緑が覆い茂る

もう一つの参道を歩まない限り 気付く人はいない


しかし 何にしても 朝鮮とか支那って言う国には

大昔から 苦労ばかりさせられます  (>_<)



P6171435.jpg

       アスペクト比 16:9  熱田神宮  拝殿 前より


    1,900年以上の歴史を持ち

    数々の歴史を塗り替えてきた 熱田神宮

    最近は パワースポットとして 訪れる方も多い! 



        では 心安らかに see you!

                 📷 18.06.17


  1. 2018/06/18(月) 13:47:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

愛知県の国宝


我が愛知県に 国宝 と名の付く 建物は三件 美術品六件


国宝が多いのは やはり 京都か 奈良でしょ と

思いきや 東京 でした 二位 京都 三位 奈良


東京には 1089件の国宝のうち 276件 あり

東京国立博物館だけでも 87件所蔵してるんだって  (゚o゚;



愛知県の 三つの国宝の 一つ

日本庭園 有楽苑 (犬山市) にある 国宝茶室 如庵

信長の実弟 織田有楽斎(長益)が 京都で建てたもの

                                     全て 拡大可

P5280007.jpg

        有楽苑 へ 入ってすぐの所


国宝茶室 如庵 のある 有楽苑(犬山市)


普段は 紅葉の時期に 訪れてるんだけど
最適の曇り空 青モミジ を逃す手はない!
 (^_^)/~



       元庵の中門 

     有楽苑には 元庵 弘庵 如庵(国宝)の三つの茶室があります

P5280009.jpg


P5280012.jpg

     正伝院書院への 岩栖門を入ってすぐ

    白砂の向こうには 左に有楽椿 右にもみじの配置が 白壁に合う!


順序通り 反時計回りに 羅列しますので 適当に眺めてちょ!


織田有楽斎長益=織田信長の実弟)は
結構 波瀾万丈の生き方をしたようです


一昨年の大河ドラマでも 真田幸村を 持ち上げ
裏切るような形で登場し腹黒に描かれておりました (-_-;)



P5280015_2018052913272808c.jpg

      正伝院書院の玄関から 含翠門 を 



しかし 本能寺の変 以降 太閤秀吉の 良き話し相手 であった!
だから 頭は良かったんですね キット! 


有楽斎 は 千利休 を茶道の師として仕え 利休十人衆に数えられ
先の記事の如く 石川丈山 と同じくして 晩年は武家を捨て
建仁寺(京都)の正伝院を隠居の地として

茶室 如庵 を建てました (1618年)



P5280020.jpg

      綺麗になった屋根の 萱門 を潜ると ...


                     国宝茶室  如庵

rennketu.jpg

      正伝院書院と連なる 国宝 如庵


明治になって 有楽斎の生まれ故郷にと 如庵&正伝院書院 共々
愛知県の北西 静かなる犬山市に 移築
  有楽苑 となる

※1951年(昭和26年) 国宝となります



P5280028.jpg



もう一つの国宝 成瀬家一族に 守られてきた 西隣に建つ

犬山城 と なにか不思議な縁を感じます 


静かな山あいの街犬山には 二つの国宝が ...

周りの風景が一切見られず 落ち着いた佇まいの中で
悠々自適に 過ごした 織田信長の 弟 有楽斉 を偲びます



P5280018.jpg

       なんと 四阿 の美しいことか!  



波瀾万丈だったとは言え 兄 信長と全く違った人生観
有楽斎は 侍であることが どれだけ 心身を苦しめたことかと
石川丈山 共々 想うのであります



P5280037.jpg

           待合より 茶室 元庵 の佇まい


  長々と 書き綴りましたが 最後まで お付き合いに感謝! 


                 m(_ _)m

       📷 18.05.28 Lens:LEICA DG SUMMILUX 12mmF1.4

      

  1. 2018/05/29(火) 12:15:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

詩仙堂(京都)の主


かつては徳川家康の側近であったが 大坂夏の陣 において
軍令に背いて 手柄を立てたが 家康に叱責を受け以後
侍を捨て 文化人となり 学問にうちこんだ


P5231154.jpg

     石川丈山翁 丈山苑から



その主 石川丈山(1583~1672年) は 京都一乗寺に

詩仙堂 を建て 晩年を優雅に!


                                     拡大可

0618 04

        詩仙堂 (京都)  📷16.06.15



そして 石川丈山の生誕地(愛知県安城市)に 詩仙堂

イメージして 丈山苑 を 建てました!


初夏の雨に濡れながら 丈山苑 を訪ね 敷居をまたぐと 



P5231112.jpg


P5231116.jpg



覆い被さる 青モミジのトンネルを さらに進むと 望京橋! 


P5231118.jpg



丈山苑 詩泉閣 の 核をなすのが

蓬莱庭園 唐様庭園 回遊式池泉庭園  の三つの庭園です



丈山苑 詩泉閣 の玄関を入ると

左手に 床の美しい 枯山水蓬莱庭園


P5231137.jpg



P5231129w.jpg

       詩泉閣 書院より  唐様庭園



石川丈山 は 漢詩も儒学も書道も茶道も庭の設計にも

長けていて 煎茶の祖であり

ししおどし を発明した人でもありました


※漢詩  中国の詩 また その形式にならって日本で作った詩
 儒学  中国から伝わったとされる政治・道徳の学問


まぁ~! 余談ですが 昔の中国は 4000年の歴史と
言われるように 全てに長けていたんですね
色んなものを紐解いてきますと 必ず中国の名が出てきます
今の姑息な志那とは エライ違いです 
(笑) 



P5231142.jpg

      二階の 嘯月楼 より 唐様庭園 を望む



傘を差して外へ出て 回遊式池泉庭園 を!


P5231153.jpg

     雨に濡れ 緑に囲まれた 四阿 が美しい!  回遊式池泉庭園



私の記事にも 何度となく登場しましたが
四季折々の風を感じながら苑内にたたずみ


P5231127.jpg


ゆったりと 一服の茶を味わうとき
悠々自適に生きた丈山から今へのメッセージを感じます



世知がなくて 慌ただしくめまぐるしく変動する今だからこそ
腰を据え 世界に誇る 日本庭園 の美しさ 素晴らしさを
世に伝えて行けよ! ・・・と



       良き一日を! see you!

          愛知県安城市 丈山苑 📷 18.05.23



  1. 2018/05/24(木) 08:23:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0

京の緑 最終章


顕本法華宗 総本山 妙満寺  本尊 お釈迦様 


その昔 比叡山で学ばれ 3,000人の学頭(校長)まで上り詰めた
高僧が 67歳の高齢ながら 日蓮聖人の門下
 ...
※南無妙法蓮華経・・・です


でも こんな事 中々出来ないことだよ
いったんは 頂点に立った方だからね


その日蓮聖人の教えを 後円融天皇 に報告し そのご褒美で

妙満寺京の中心に建立 

その人の名を 日什大正師(にちじゅうたいしょうし) と言いました



妙満寺2

     妙満寺 の 山門  ツツジが満開の時は 圧巻でしょうね!



後円融天皇 って耳にしたこと無かったので

チョイ調べると厄介なことが (?_?)


足利尊氏等と後醍醐天皇(第96代天皇)との権力争いの 数十年間

二人の天皇 が いたんだね
簡単に言うと 南北朝時代
(1335年頃から)のことなんだが 


だから 後円融天皇 には 第**代天皇 って付かないんだ!

まぁ~! え~かぁ! そんなこと (笑)



妙満寺3

  上 山門から 本堂を望む 美しく整備された玉砂利   下 本堂



妙満寺 は その後 応仁の乱(京都での派閥争い)など難儀があって
昭和43年に 都会の喧騒を逃れて現在の静かな町に  ...

                     ※ 京都市左京区岩倉



そして 本堂 から 後を振り向けば なんと 美しい比叡山

左の建物は 客殿 屋根が変わってますね!


P5150035.jpg



客殿から本堂へ そして お釈迦さま と対面
客殿に戻り 本日のメーンイベント  名庭園 雪の庭


妙満寺1

            枯山水庭園 雪の庭    HDR撮影



  比叡山の峰を借景にした 冠雪の眺望 が最も美しいことから
  雪の庭 と 名が付いたが 周りの木々が邪魔をして
  今は 比叡山のほんの一部分 しか見られない 
(-_-;)



P5150042.jpg


P5150045.jpg

     障子が開いた空間の 右上 に僅かに 比叡山の峰 が   HDR撮影



   作庭の意図なんて 分からなくとも
   美しいものは美しい   それでいいじゃん



      最後までのお付き合いに感謝! m(_ _)m


     Please have a good weekend  

         Lens:LUMIX G 14mmF2.5(Pana μFT仕様)

             +フィッシュアイコンバージョン


  1. 2018/05/18(金) 00:05:00|
  2. 神社・仏閣・日本庭園
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

プロフィール

碧空と花火

Author:碧空と花火
碧空と花火のブログへようこそ!

もう!、いつ逝ってもおかしくない頑固もんですが撮りためた写真(風景・神社・仏閣と花火など)をUPしながら、気ままに綴ってみたいと思います。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

花火 (77)
時事 (39)
紅葉 (11)
神社・仏閣・日本庭園 (26)
独断と偏見 (8)
季節の花 (17)
ちょい お出かけ (3)
映画・TV (3)
四季折々 (5)
音楽 (2)
未分類 (6)
催事 (1)
食べログ (3)

最新コメント

リンク

ブロとも一覧


棚ボタ

濃毛じいさんの徒然写真日記

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる